ショートストーリィ(フォレストシンガーズ)

フォレストシンガーズ「花づくし」

 ←「続・ラクトとライタ」(好きだから・第三話) →グラブダブドリブ・ボビー「プカプカ」
フォレストシンガーズ

「花づくし」

 男のひとは女になにかを教えるのが好きだそうで、女から教わるのは気に食わないというタイプもいるらしい。けれど、私が結婚したひとは、なに、それ? 俺は知らないよ、恭子、教えてくれよ、と言う性格だ。

「母の故郷の、宮崎県のわらべ歌にこんなのがあるんだよ」
「歌って」
「私は歌うのはいやだから、母に歌ってもらって録音してきたの」

 結婚してはじめて、ひとりで里帰りをして、母の歌を録音したテープをもらってきた。シゲちゃんったら、花の名前をまるっきり知らないの、と話したら、母が記憶していたこの歌を教えてくれたのだった。

「花づくし

 花は 数ある そのなかで

 わけて みごとに 咲く花は

 ぼたん しゃくやく やまぶき さくら

 うめに つばきに はぎ おみなえし

 ききょう あさがお もも つつじ

 ゆりに あじさい 花からし

 かきつばた れんげそう

 こぶしに すいれん かれおばな

 たんぽぽ すみれに 花かいどう」

 綺麗な声だね、優しい歌だね、義母となったひとの歌を聴いてそう感想を述べたシゲちゃんに、私は尋ねた。

「知ってる花、あった?」
「桜、梅、朝顔、たんぽぽ、スミレ……くらいかなぁ」
「牡丹って知らない?」

「これじゃなくて?」
「それじゃないよ」
 シャツのボタンを指差して笑っているシゲちゃんと一緒に、続きを聴いた。

「花づくし

 花は 数ある そのなかで

 わけて みごとに 咲く花は

 ダリア コスモス パンジー ポピー

 カンナ ペチュニア ベゴニア チューリップ

 ストック アネモネ ゼラニューム

 セントポーリア カーネーション

 アマリリス シネラリア

 ノースポールに フリージア

 サルビア ヒヤシンス シクラメン」

 二番の歌詞で知っているのは、チューリップとカーネーションくらい?
 幸生ときたら、なんの花でもチューリップって言うんだよ、とシゲちゃんが笑っていたのを思い出した。

「コスモスだったら知ってるよ。それから、サルビア」
「サルビアってあの、紅い花だよね。そんなの知ってるの?」

「そうなんだ。サルがビールを飲んでるんだ、だなんて、乾さんがこじつけてくれたから記憶に残ったんだよ。あのときは……」
「なんなの?」
「いやいや、なんでもないよ」

 細長い朱赤の花の中に、花から飛び出している部分がある。あれをなんと呼ぶのかは知らないが、抜いて口に含むと薄甘い蜜の味がした。

「いつもいつも思ってたサルビアの花を
 あなたの部屋の中に、投げ入れたくて……」

 小さな声でシゲちゃんが歌う。なんの歌? と質問したら、照れ笑いで言った。
「好きだった女のひとが別の男と結婚してしまう歌だからさ、あまりよくないよ」

「そうなの? それじゃなくても、花の歌っていっぱいあるでしょ。シゲちゃんの声で聴きたいな」
「恭子も歌えよ」
「いやだってばっ」

 音痴の私は歌いたくないけど、歌を聴くのは大好き。
 歌手のシゲちゃんと結婚して、幸せなことはいっぱいあるけれど、こうして私だけのために歌ってもらえるって、なんて贅沢な幸せなんだろう。

 たとえばフォレストシンガーズの歌を、めったにリードヴォーカルは取らないベースマンの本庄繁之の声で、いつだって聴けるんだよ。

 うらやましいでしょ? どこの誰にだか知らないけど、フォレストシンガーズのファンの方に言ってみる。乾さんだったらうらやましいけどね、と言われそうで、いいんだもん、私はシゲちゃんが大好きなんだもん、とこっそり言い返した。

END




 

スポンサーサイト


  • 【「続・ラクトとライタ」(好きだから・第三話)】へ
  • 【グラブダブドリブ・ボビー「プカプカ」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「続・ラクトとライタ」(好きだから・第三話)】へ
  • 【グラブダブドリブ・ボビー「プカプカ」】へ