内容紹介

1000コメント&ブログ三周年御礼!!!

 ←31「いい加減にしろ」 →異性の友人質問コーナー(シゲ&泉水)
長い長いもの書き歴の途中で、オンライン小説というものに出会いました。
ずーっと書いている小説を形にしたくて、ひとりでもふたりでも、どなたかが読んで下さったら嬉しくて、それだけではじめた「茜いろの森」です。

最初のころはアクセスカウンターが1、2くらいしか動かなくて、まあ、自己満足でもいいかなと諦めているうちに、徐々に訪問して下さる方もいらっしゃるようになり、ブログ開設三周年を迎えることができました。

ひとえにみなさまのおかげです。
ありがとうございます。

それからそれから、なんと、こんなブログのコメントが1000になりました。
晴れの1000コメント目はfateさんです。
ぱちぱちぱちぱち~っ。(拍手です)

半分弱は私の返事ですし、リレー小説なんてものもありましたが、1000件ものコメントだなんて、ブログをはじめたばかりのころは想像もしていませんでした。
重ねてありがとうございました。

よく来て下さる方も、たまに来て下さる方も、はじめて来たとおっしゃる方も、アクセスありがとうございます。
訪問していただくだけでも感激ですが、拍手やコメントを残して下さるともーっと嬉しいな。

「ものかきさんに100の質問」(「自己紹介がわりに」)というのもありますが、こちらは質問の内容がちがっていますので、1000コメントいただいた感謝を込めて、お時間がおありの方は読んでいってやって下さいね。

なお、私はこういうのが大好きで、「お遊び篇」の中には小説キャラに質問、なんてのがたくさんあります。

「オンライン物書き屋に30の質問」

No.01 HNとその由来を教えてください。

 ペンネームは津々井茜。
 尊敬敬愛する作家の筒井康隆氏のお名前を拝借してつけました。
 本名ももじって、「つつい」の姓をつけ、語呂のいい「茜」を下の名前にしたわけです。
 そこから取って、HNは「あかね」「茜」を使っています。

No.02 現在の代表作はなんですか。

 フォレストシンガーズシリーズです。

No.03 小説を書いたり読んだりする上で得意なジャンルや好きなジャンルを教えてください。

 読むのはミステリ、サスペンスが一番。昨今流行の「イヤミス」も大好きです。
 読書好きな友人は多いので、そのひとたちと語らっていて気づきました。私は偏食家で好き嫌いが激しくて、一度読んでどこかしら気に入らなかったら二度と読まない作家さんも多々いるのですが、許容範囲はかなり広いらしい。
 人によっては我慢できないであろう、人間の理解の及ばない、天狗による人間女性の陵辱シーンなんてものも、うわうわ、えぐっ、とか思いながら読み続ける。
 あの作家さんはいやだなぁ、と友人の言う、相当に変態チックな作風の彼のホラー小説もけっこう好き。変態は私の許容範囲です。

 あと、ノンフィクション、フェミニズム関係、戦争関連ドキュメント、現代風俗のあれこれを小説やルポにしたもの、そのような作品も読むのは好きです。
たぶん私は、俗っぽいもの、大衆的なものが好きなのですね。

 書くほうは、ドラマティックじゃないストーリィかなぁ。
 淡々とした日常生活。ただし、キャラクターはシンガーだったり俳優だったり作家だったりするという、偏った世界を描く人間のようです。

No.04 逆に苦手なジャンルはなんですか。

 読むほうで苦手なのは、小説のジャンルというよりも文章のリズムの合わないものです。波長の合わない、これは嫌いだと思ってしまう文体。どれがどうとはいえないけど、ぴきっ、駄目っ、となったら駄目なのです。

 書くほうで苦手なのは、読むのは大好きなミステリ、サスペンス。
 単に力量不足です。

No.05 尊敬する、又は好きな作家は誰ですか。

 尊敬するのは田辺聖子さん。

 好きなのは、そのときどきで変わるのですが、現在のところ。
 柴田よしき、山本文緒、清水義範、大槻ケンヂ、林真理子、奥田英朗、荻原浩、沼田まほかる、真梨幸子、桐野夏生、明野照葉、乃南アサ、篠田節子、他多数。敬称略。

No.06 次の単語を使って文章を作ってみてください。(紅、叩き、浅はかな)

「これでお別れね」
 婚約者がテーブルに写真を叩きつけ、凍りつきそうな声を出した。
「え? お別れ? これは……」
 紅いろのカーテンをバックに、あの女とボクの痴態が写った写真だった。
 あのホテルでのひとときを撮影して、あいつがボクの婚約者に写真を送ったのか。ボクたちの住む地方の有力者の娘である、婚約者と別れさせるためか。あんな女に誘惑されて、こんなふうになるなんて、ボクはなんて浅はかな奴だったのだろう。

No.07 あなたの文章の特徴はなんだと思いますか。

 会話が多い。
 漢字、ひらがな遣いにこだわる。字面にもこだわる。

No.08 影響をうけた小説や映画、漫画などはありますか。

 現在は特にはないのですが、昔はありました。「イヴの息子たち」とか。

No.09 好きなことばはなんですか。

「志」(こころざし)「落花流水」

No.10 小説を書く際に最も大切にしていることはなんですか。(テーマ、描写、娯楽性など)

 読んで下さった方に楽しんでいただきたい。

No.11 次のうち、最初に決まるのはどれですか。(人物、世界背景、ストーリー)

 キャラクターです。

No.12 人物名を決める時に気をつけることはありますか。

 普通に読める名前、わざと変な名前にしたときは、カタカナ表記します。

No.13 今まで小説に使用したネーミングで気に入ったものを教えてください。

「ヴァーミリオン・サンズ」「グラブダブドリブ」。
 オリジナルではないのですが。 

No.14 今まで小説に使用したセリフやフレーズで気に入ったものを教えてください。

「流れ者のギタリストに男はいらねえんだぜ」
 (by 加西チカ)

No.15 長編と短編、どちらが得意ですか。

 長編型ですが、最近は短いののほうが書きやすい。

No.16 オンライン小説独自の技法を積極的に使うほうですか。基本を守るほうですか。

 独自の技法ってどんなかな? ブログ小説でしかできないかもしれない、という方法はたまには使います。

No.17 プロ志望か趣味としてのみか、どちらですか。

 プロになりたかったこともありましたが、ならなくてよかったかなと、諸般の理由でそう思っています。趣味でブログをやって、何人かの方が読んで下さったら幸せです。

No.18 小説を書いていて、一番苦労するところはどこですか。

 自分の頭の中のイメージを、読んで下さる方に理解してもらえる文章にすること。

No.19 小説を書いていて、一番楽しいところはどこですか。

 ノリノリノリで進みまくっているとき。

No.20 感想をもらったことはありますか。一番嬉しかった感想はなんですか。

 感想はブログでいただいています。小説を読んで下さって、私の創造したキャラについて、アホだとか可愛いとかかっこいいとか、困った奴だね、とか言ってもらえると嬉しいです。

No.21 小説を書くためにする準備などはありますか。

 浮かんだあれこれをメモして、パソコンに向かう。

No.22 小説を書くときにBGMを聞くなど、何かしていることはありますか。

 なんにもないほうが集中できる。音楽をかけてても聴いてませんから。

No.23 イメージ作りのためにすることはありますか。

 目を閉じる。

No.24 あなたはコツコツ書くほうですか、集中して書くほうですか。

 こつこつも集中も両方。

No.25 成長物とそうでないもの、どちらを書くことが多いですか。

 成長ものでしょうね。

No.26 ダークとライト、シリアスとコメディ、それぞれどちらの割合が多いですか。

 ダークでシリアス、ってのは書いてみたい。とことんコメディも書きたい。私の書くものは中途半端だろうと思いますが、ライト、コメディっぽい、が多いはずです。

No.27 一人称と三人称、どちらが書きやすいですか。

 書きやすいのは一人称。

No.28 あなたの小説の隠れたテーマや、共通点などはありますか。

 「男と女」について掘り下げている……はず。

No.29 最近の食事風景を描写してみてください。

 現在のBMI指数は低いのだが、昔々、太っていたころのトラウマが去ってくれない。
 おまけに最近はできあいの料理といえばカロリーが明記してあったりするので、無心では食べられない。こんなの太る、太りそう、カロリー過多、いやだいやだ。
 好きなスパークリングワインを飲むとその箍がはずれてしまうので、お酒は一ヶ月に三、四回程度にして、普段は野菜中心の食事をこころがけている。食べるイコール太る、の意識は一生消えないだろうから。

No.30 今後書いてみたい小説はありますか。

 ホラーティストのサスペンス小説。おそらく無理です。

ありがとうございました~~

配布元・オンライン物書き屋に30の質問









スポンサーサイト


  • 【31「いい加減にしろ」】へ
  • 【異性の友人質問コーナー(シゲ&泉水)】へ

~ Comment ~

うひゃああ~

1000コメント目っ(^^;
ははは。
確か、コメ返でそんなことをおっしゃっておりましたなぁ!
皆様、キリ番とか、いろいろ企画をなさるんですねぇ。
fateは現在、何が何個目なのか、まったく把握してないので、ほおお、とかって、あちこちで感心しとります!!

しかし、こうやって他作家さまの作品を描く上でとか、好きな作家さんとか、文章の傾向とかを自己分析される企画ってオモシロイ!
へええ、と新鮮だったり、あ、fateと同じだ♪ とか、なんで?(?_?) とかいろいろオモイマス。

お題小説って、さっと書く方はスゴイっ!
fateはテーマが偏っているので、きっと無理だなぁ。

ではでは~♪
いろいろおめでとうございます(^^)

NoTitle

1000コメント、おめでとうございます。
コメント数って、気にしてなかったけどちゃんと表示されてるんですね。
コメントって、何より一番うれしいので、大事な記念ですよね。

質問コーナー、とっても楽しかったです。
意外と、似てるんだなあと思いました。

読むほうも、私もリズムを大切にします。
ベストセラーでも、心に入ってこないリズムのものは、ちょっと敬遠しますね。
あと、あまりに生活臭がして、苦しくなるものも、ビビりなので読めません><
純文学が読めないのは、そのせいかな?
でも、変態なので、猟奇ものとかは平気かな?(爆

いつかあかねさんの、ホラーテイストのサスペンス、読みたいです。

fateさんへ

思えばfateさんがはじめて訪問して下さったのは、去年の今ごろだったはず。あのころからアクセスがすこしは増えたのですよ。
fateさんは命の(ブログの)恩人です。ありがとうございます。

この質問で答えた項目には、fateさんとのやりとりで、あ、そうなんだ、と気づかせてもらったこともあります。
コメントっていただいたら嬉しいというだけではなくて、とってもためになりますね。

いつも言ってますが、今後ともよろしくお願いします。

limeさんへ

いつも本当にありがとうございます。
私もいつのころからか、あ、コメント数ってちゃんと出てるんだ、と気がついて、いつかは1000になるのかなぁ、とわくわくしていましたら、なりました。

fateさんやlimeさんの作品のコメントに較べたら微々たる数でしょうけど、1000っていうと嬉しいです。

limeさんも猟奇もの、大丈夫なんですか?
許容範囲の広い方だとは思っていましたが、純文学は苦手ですか。
芥川賞受賞作品を時々手にとってみますが、眠い……というのが多いですよね。

ホラータッチのサイコサスペンス……のつもりで書いたものはありますが、全然そうはなっていませんでした。
しようがないのでラクトとライタの話……関係ないんですけどね。

あれ、アップしましたので、今から報告させてもらいにいきます。
ではでは、今後ともなにとぞよろしくお願いします。

NoTitle

うわあ、もろもろにおめでとうございます。

数字って、目に見えるものだから、それが意味を成すときって、嬉しく思いますよね。

あかねさんとのご縁に感謝です。

これからも宜しくお願いしますね^^

けいさんへ

こちらこそ、けいさんに出会えて嬉しいです。
ただいまは日本のパソコンに向かってらっしゃるのでしょうか。

おっしゃる通り、趣味であっても数字にあらわれると励みにもなり、楽しみにもなり、達成すると嬉しいですよね。

私のほうこそ、なにとぞこれからもよろしくお願いします。
ぺこりv-22

あまりに生活臭がして、苦しくなるもの

↑これこれこれっ!
すんげ~よく分かります。

あ、再コメ失礼いたします(^^;

そんなリアルな現実、毎日暮らしているだけで辟易してんのに、なんで自らを暗く顧みなけりゃならんの(ー"ー*
とすんげ~イラッとします。
純文学でも好きなモノはありますが、そういうごく普通の主婦とか会社員とかの愚痴を聞かされるようなハナシは読みたくない。

で、実は。
あかねさん! なんかですね、fateの検索の仕方が悪いのかな?
novelに入って、フォレスト~の続きを拝読したいのですが、目次の「next」が消えていて、最初の目次しか表示されないんです。
全記事を表示させりゃ良んですが、そうすると時間がかかるし、探すのもちょっと大変で(・・;
どうすりゃ、良いでしょうか。
もしかして、このテンプレになってからずっとそうだったかも(^^;
なんかいろいろ探して(コメントから入ったり)拝読しておりましたが、もしも良い方法ございましたら、教えてくださいまし~

fateさんへ

ものによってはそういうの、愚痴っぽいだとか、生きてるのが苦しいとか、生活の匂いがたちこめるとか、嫌いではないのです、読むほうだったら。

でも、書くのはやっぱり現実逃避の一手段でもあるわけですから、人の現実を描いていても、現実のにおいは希薄なものっていうか、こんなの甘いんじゃない? みたいなものが書きたいかな。

fateさんが前におっしゃっていた、物語の中では理想を追求したいというのもとってもよくわかります。

ところで、nextが消えたとの件。
トップページか通常ブログ画面の「All」「All titlelist」をクリックしていただくと、そのページが開きますよね。
ずーっと下、ブルーの色がとぎれるあたり、今でしたら「おきてがみ」の下のほうに「next」ありません?

自分では見えるんですけど、もしかしたら、他の方には見た目がちがっているとか?
もしも見えないようでしたら、HOMEの右上のほうの「novel」から入っていただいてもOKだと思います。

うまく行かないようでしたらFC2に問い合わせますので、ご一報くださいね。
私もテンプレートのこと、わかってるようなわかってないような、ですので、お手数かけます。
よろしくお願いします。

何度もすみません(・・;

やはり目次のnextが見当たらないんす~

fateはいつも、◆Homeであれ、◆通常ブログ画面であれ、Novel Listの「novel」に入って、そこに「FS」の目次を追っていたのですが、目次は確かに表示されますが、•小説24(Bye Bye Recollection) までが表示される1ページ目までしか見られなくって、次の目次ページへ行けないのです。

で、◆Allは 、表示されるまでに時間がかかるので、大抵使わないんです~(^^;

しくしく。
あかねさんが操作すると正常に機能するんですね??
fateは嫌われてるのかな~

fateさんへ

すみませんっ!!
もしかしてそうなのかな、とあのお返事を書いてから思ったのですけど、やっぱりそうだったのですね。

そうなんです、このテンプレはnovelリストが30表示されて、そのあとのnextが出てこないんですね。
前のテンプレだったら出てきてましたよね。
私はfateさんとは逆に、allのほうで古いのをチェックしますので、あまり気にしていませんでした。

となると、fateさんには使いにくいテンプレなんですよね。
すみません。
たぶん11月にはクリスマステンプレに替えますから。

って、こうテンプレを替えると、ややこしくてよくないのかもしれませんね。
季節感というものを考えたり、新しいのを見つけると使いたくなったりするんですけど、どうするべきかも考えてみます。

ご迷惑をおかけして本当にすみません。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【31「いい加減にしろ」】へ
  • 【異性の友人質問コーナー(シゲ&泉水)】へ