連載小説1

「We are joker」12 

 ←キャラへの質問(ボビー・オーツです) →非BL「バラの恋人」

「We are joker」

12

「俺が女だったら、友永みたいな奴とはつきあわないよ」
 尚がぼそっと言い、伸也も心から賛成した。

 週に一度、山根ももこのライヴをやったライヴハウス、「ホーリーナイト」での仕事が手に入った。きみらの演奏、よかったからね、とライヴハウスのオーナーが言っていたから、あのライヴのバックバンドの仕事は成功だったわけだ。

 ようやく糊口をしのげる仕事ができて、音楽とは無関係のバイトはしなくてもよくなった。それはありがたいのだが、冬紀がその店の楽屋で電話で話していたのを聞いて、尚も伸也も呆れ果ててしまったのだった。

「おー、真菜? うん? そうだよ。ダイモスとフォボスが火星のふたつの月だよ。ダイモスってロックバンドがいる? いるよ。俺らとは大違いで、デビューした途端に売れたってか、インディズのころから地元では人気のあったハードロックバンドだな。ああ、今は仕事中なんだ。この次に会ったときに詳しく話してやるよ」

 ありゃ? 真菜ちゃんとはヨリが戻ったのか? 尚も伸也もそう思っていたら、冬紀は通話を切り、続いて新たな相手と話していた。

「ごめん。仕事前だから手短に……うん、だからさ、すみれ、その話は会ったときにな。今日は会えないけど、明日の夜だったら……うんうん、あ、そこはダメ。ええと……うん、それだったらいいよ。じゃ、明日にまた電話するから」

 二股が発覚して、両方の彼女に捨てられたのではなかったのか? すみれも真菜も美人だからのやっかみもあって、捨てられてざまあ見ろ気分だったのがしぼんでしまった。
 本日の仕事をすませると、伸也は冬紀に言った。

「俺んちに来ないか。三人で飲もうや」
「あ、俺、デート。おまえらは惨めに男同士で飲んでろよ」

 本当にデートだとしたら誰と?
 すみれとも真菜とも今夜は会わないと言っていたはずなのに、他にも女がいるのか。もしかしたらももこさん? 伸也としてはあっけに取られているうちに、冬紀は上機嫌でライヴハウスから出ていってしまった。

 しようがないので伸也と尚は連れ立って伸也のアパートに帰り、発泡酒と安いウィスキーをちゃんぽんでやっている。明日はまるっきりのオフなので、二日酔いになってもいいつもりだった。

「女ってのもさ……誰でもがああでもないんだろうし、女は男ほど恋人のルックスにこだわらないとも言うけど……」
「友永とつきあう女ってのは、男のルックスにこだわる馬鹿が多いって言いたいのか、松下? あれだけ顔がよかったら、不実でもちゃらんぽらんでも許せるってか。そんな女だっているんだろうけど、友永って奴は、顔がいいだけの男でもないからな」
「それはあるよな。だからさ、男の俺たちはああいう奴とつきあっててもいいけど、女の子にはオススメしたくないんだよ」

 知り合ったばかりの高校生のころから、現在に至るまで、男友達としての友永冬紀は決して悪い奴ではない。伸也がそれを裏付けるエピソードをたどっていると、尚が言った。

「女の子がさ、友永くんと武井くんのどっちが彼氏としてはいい? って言ったら、俺は断然、武井だって答えるよ」
「その質問の武井を松下に替えたら、俺も松下がいいって……おい、そんな虚しい話題を出すな」
「虚しくはないんだよ」
「虚しいだろうが」

 中身は武井、松下のほうが格段にいいとふたりともに思ってはいるが、ふたりともに冬紀のようにはもてないのも事実だった。

「俺らの現状はこうだろ。松下、なにかそのたぐいのいいネタでもあったのか?」
「俺にはないけど、おまえにはあるだろ」
「ねーよ」

「あるんだよ。おまえは俺よりは敏感なくせに、気がついてないのか」
「なにが?」
「んんと……相談してみるよ」

 なんの相談なのかさっぱりわからないでいる伸也の眼前で、尚が電話をかけはじめた。

つづく




スポンサーサイト


  • 【キャラへの質問(ボビー・オーツです)】へ
  • 【非BL「バラの恋人」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

うわ、この回めっちゃいい感じだったので、ここでコメントさせていただきました。

この二人の会話、私はすごく好きです。
なんかすれてないって言うか、男子の良さが出てるっていうか、
私ならこういう男の子と付き合ってみたいですね。

私は結構昔からマニアックって言われて(笑)
ルックスが万人受けしなくても、自分が「いいな」って思える
ポイントがあれば・・・バッチリです。

それから、あかねさん4周年おめでとうございますe-343
4周年で、これだけ更新されてて読みごたえのあるサイトって
すごいと思います。これからもよろしくお願いします。

美月さんへ

こちらにもありがとうございます。
美月さんがつきあってみたいとおっしゃるのは、伸也ですか、尚のほう? 冬紀と較べればふたりとも純朴ですね。
尚はあまり変わりませんが(フォレストシンガーズだったらシゲのスタンスですから)、伸也はね、わりとちゃっかりしてて調子いいんですよ。

私も面食いってことはなくて、若いころは体型のほうを重視していました。
細くて背が高くて、眼鏡をかけてギターを持ったミュージシャンタイプ。これはもう、今でも好きなタイプですが。
でも、今は話していて楽しい男性、楽な男性がいいです。恋愛にはもうなりませんから。

現実的な話はともかく、フィクションではいろんなタイプの男や女を書きたいです。
四年もやっているとネタ切れしてきていますが、がんばります。
美月さんも大変なこともあるでしょうけど、ぼちぼちがんばって下さいね。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【キャラへの質問(ボビー・オーツです)】へ
  • 【非BL「バラの恋人」】へ