お遊び篇

金子将一の恋愛成績表

 ←小説287(Still be hangin' on) →小説288(ソフトボイルドエッグ)
http://hanihoh.com/love2/

すこし久し振りの「恋愛成績表」です。
先回までと同じく、赤字は仲間たちの勝手な感想です。


金子将一さんの恋愛成績表


データ
名前 金子将一
性別 男性
年齢 37歳
評定平均 4.1
精神年齢 45歳
結婚適齢期 39歳


--------------------------------------------------------------------------------

総合評価
恋愛レベル
「恋愛ドラマ級」 (18段階中 3位)
恋愛タイプ 「人気沸騰型」

・恋愛タイプについて

ルックスも良く好感度の高い行動をする金子将一さんは、短い期間で多くの人を虜にする「人気沸騰型」と言えるでしょう。人道に反しますが、望めば二股三股も叶うでしょう。恋愛を謳歌できる羨ましがられるタイプです。

酒巻國友「なんの意外性もない評価ですね。はいはい、僕はひがんでますよ。金子さん、二股三股はやめて下さい!! それだけは僕が許しませんから!!」

・総評

全体として大変良い成績でした。学年に100人いれば、成績は10位前後でしょうか。考え方も、行動も問題はありません。きっと多くの女性を魅了しているのでしょう。 また「向上心」の成績が最も良かったようです。金子将一さんにとって「向上心」はただの自己満足なのかもしれませんが、長い目で見ても明るいものが感じられます。現状でもかなりモテると考えられますが、年を重ねるごとに、より魅力的になる傾向があります。どうかその調子で。

乾隆也「これ、俺と同じですね。金子さんと同じだなんて光栄です」

項目別評価

項目 コメント

恋愛プロセス
(評価 3) 恋愛プロセスは普通です。まだ、出会いや別れという流れに漠然と身を任せているような感じでしょうか。出会いそして付き合っていくのは上手ですが、別れがなかなか切り出せなかったり、別れてもその手法がまずく禍根を残したりする可能性が高いです。情が残ってしまうくらいの恋愛は素敵ですが、引っ張りすぎれば時間は無駄に流れ、自分の成長を止めてしまうことでしょう。

沢田愛理「……どんな回答をしたの? 嘘ついたでしょ。あなたがこんなふうだったりしたら、むしろ私は嬉しいのにな」

振る舞い
(評価 5) 金子将一さんは、行動面では良い印象を与えています。周囲からは憎めない人と評価されています。このジャンルの詳細を個別に見ても、欠点がありません。金子将一さんから醸し出す雰囲気は、おしゃれで、かつ大人、または愛嬌たっぷりなのでしょう。女性相手に挙動不審になることもなく、この点ではモテやすい人と言えます。

黒木リリヤ「お兄ちゃんって昔からこんなふうだったんだね。妹には別の顔も見せてたけど、あのころは当たり前だと思ってもいたけど、子供のくせに大人ぶってもいたよねぇ。うふふ」

向上心
(評価 5) 自分磨きをしっかりするタイプで、その姿勢は女性からは好感をもたれます。個別に見てもあまり問題がありません。肉体面でもメンテナンスされているようですし、ファッションも気をつかっているようです。また恋愛以外でも頑張れる姿は同性からでも素敵な人だと評価されることでしょう。彼女になった人が劣等感を感じるくらい…。そこまで努力していると相手に不満を感じませんか?

黒木ユリカ「ママ、伯父ちゃまってこんななんだねぇ。あたしにもちょっとはわかるようになってきたよ。あたしも見習えって? ユリカはメンテナンスとかしなくても美少女だもん」

考える力
(評価 3) 普通です。鋭さを感じさせることもありませんが、決して感覚だけで物事を判断しない理性は持ち合わせています。いつも状況をよく把握し、自分の感情もよく掴んでいるので、わりと「こうしたい」という意思ははっきりしているタイプです。ただ彼女の主張が相容れないものの場合、熱くなって自分や相手を納得させることなく、どちらかを押し殺す形で決着しがちです。冷静にじっくり、ときには時間を置きながら解決すると良いでしょう。

本橋真次郎「時々、金子さんの評価がちがってますね。考える力が普通だなんて絶対に嘘だ」
徳永渉「つまり、著者の筆力のせいだよ」
本橋真次郎「あ、そか。おまえの言うことになるほどと思ったのは生まれてはじめてだな」

こころ
(評価 4) 感じ、表現し、相手の気持ちも把握するという三点で、平均的に高い評価を得ました。心にはあまり問題がなさそうです。個別に見ると、まず自己表現が上手なので、相手には自分の気持ちが正確に伝わります。また心理操作も巧みなので相手の気持ちを掴んで放さなかったり、悪意をもってすれば相手をオモチャにできるでしょう。ただ感受性が弱く感動などをあまり覚えないので、恋愛の楽しみを存分に味わっているとは言えません。まっすぐな気持ちで小さな幸福を感じるようになりたいところです。

山田美江子「一部はその通りだけど、感受性が弱いってことはないでしょ。え? 著者のせい? それを言ったらおしまいだって気も……」

オプション
(評価 5) すぐに評価を受けやすい「オプション」においては好成績でした。わかりやすい魅力が備わっています。それぞれの項目を見てみると、どれも及第点で問題はありません。お金やルックスなど露骨な問題を抱えた部門も無難にクリアされています。特にルックスに恵まれたというのは、若い恋愛においてはリアルに効果を発揮します。これに油断せず向上心を保てば恋愛人生は磐石です。

本庄繁之「そりゃそうでしょうよ。俺は今さらひがみませんけどね。いいんですよ。俺は……いえ、言いません」

そのほかの語りたいポイント
・人を振り回すことを無意識のうちに好んでいます。同性に嫌われないよう注意
・金子将一さんと今の彼女とは長期的な付き合いが可能です
・女性を弄んで捨てることができる素質があります。可能だとしてもやめてください
・37歳のわりには、かなり老成した考え方をしています

三沢幸生「俺は金子さんを同性として嫌いではありません」
木村章「妬んではいるだろ?」
幸生「妬んでもいません。彼女との長期的なつきあい、そんな感じだな」
章「なんだか口調が淡々しすぎてないか?」
幸生「無視。この三番目、くーっ、俺もやってみたい。いえいえ、やってみたくてもやらないのが人間の男ですよね。章、おまえも気をつけろ」
章「若いときの俺だったらともかく……うるせーんだよっ!! 俺は金子さんってあんまりよく知らないんだけど、老成してるってのは当たってるかもな」

何歳でモテる?
10代 ★★★★★
20代前半 ★★★★☆
20代後半 ★★★★★
30代前半 ★★★★★
それ以降 ★★★★☆

真行寺哲司「金子さんって三十代後半だよね。まだすごーくもててるよね。僕からももててるもんね。よかったね。よくない? 照れなくてもいいじゃん、嬉しいくせに」

--------------------------------------------------------------------------------


金子将一さんの恋愛成績表 恋愛レベル「恋愛ドラマ級」(18段階中3位) 恋愛タイプ「人気沸騰型」 #hanihoh http://j.mp/uicP6E


--------------------------------------------------------------------------------




スポンサーサイト


  • 【小説287(Still be hangin' on)】へ
  • 【小説288(ソフトボイルドエッグ)】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

おおおおっ、金子さんっ

「あ、ちなみに私、ネズミも大好きなんですが・・・。」

↑limeさんのコメントに「えええええっ!」と仰天してここに来ました。
(いえ、繋がりは何もありません…)
fateはネズミはイヤだ。
いつか田んぼで背後から首根っこ捕まえて、ぶらぶらさせながら帰って来て、家の猫に食わせたことがある。
…というエピソードを持っている。

本橋真次郎「時々、金子さんの評価がちがってますね。考える力が普通だなんて絶対に嘘だ」
徳永渉「つまり、著者の筆力のせいだよ」
本橋真次郎「あ、そか。おまえの言うことになるほどと思ったのは生まれてはじめてだな」

↑これに爆笑しました。
すんげ~、この二人のこの淡々とした会話っ
くぅぅぅっ、良いぞーっ
でも、何か話してくれるから可愛いよな。
fateのとこなんて、関わりたくない光線出しそうだ。

金子さんは、理想的な男性っすね~。
ウラヤマシイ!!!


fateさん、ありがとうございます

ゴキブリがネズミのどちらかを選べと言われたら、いやいやながらもゴキブリを選びます。

いえ、しかし、嫌いだからってネズミをつかまえて持って帰ってきて猫に食べさせたというのは、すごいですね。
うちの猫がネズミをくわえて帰ってきたときには、生涯で何度もないほどの悲鳴を上げてしまいましたよ。

「ぎゃーーっ、早くどこかへ捨ててきてーっ!!」

さて、話しは変わりまして。

著者の悪口を言うときだけは結託する、永遠のライバル、徳永渉と本橋真次郎でした。
でも、著者について話をしてくれるだけでいいのですね。そうかもしれませんね。
ワタルくん、シンちゃん、ありがとう。
しくしく。

「ワタルくん、シンちゃん、ありがとう。
しくしく。」

↑PCの前で爆笑しました。
あかねさん…
可愛いです!!

え~っと (^_^;)

『おにいちゃま』の将一さんじゃなくて・・・
『本物の』将一さんなんですね~ (^_^;)

一途?な私は(どの口がそういうことをいうかな?)
『おにいちゃま』の採点表を見て、
「何をしてても好き☆.。.:*・°☆.LOVE~(^▽^(^▽^*)~LOVE.☆.。.:*・°☆」
って、コメントしたかった (= ̄m ̄=) ̄m ̄=) ̄m ̄=)プププッ

でも、ここまでキャラクターが生きている、茜さんは凄い (^^)v

fateさんへ

しくしくしくしくしく。

可愛いって言われたからって喜んで、おばさんが泣いてるぜ、見苦しいからなんとかしろよ。

とまた、ワタルくんが言ってます。
シンちゃん、なんとか言ってよ、と私が言っても無視されてます。

しくしく。

しつこいですねv-31すみません。

乃梨香ちゃんへ

いつもありがとう。

ああ、そうですね。
リカのお兄ちゃまの金子将一さんだったら、まるっきりちがう評価が出るかもしれませんね。

いつかあの将一さんでもやってみます。
ややこしいことばかりやってますが、これからもよろしくね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【小説287(Still be hangin' on)】へ
  • 【小説288(ソフトボイルドエッグ)】へ