お遊び篇

キャラへの質問バトン(木村龍です)

 ←小説274(White breath) →小説275(地球はメリーゴーランド)

真・オリキャラになりきってみるバトン

Q1 あなたのお名前をどうぞ
A1 木村 龍……きむら・りゅう。フォレストシンガーズの木村章の弟だよ。十八歳、浪人。
Q2 作者さんのこと、こっそり別の名前で呼んでたりしちゃいます?
A2 兄貴の章は「おばさん」って呼んでるから、俺も真似してる。
Q3 暇な安息日(休日)は何をして過ごしてますか?
A3 だらーっとしてるよ。金、ねえもん。
Q4 気が乗らない安息日(休日)は何をして過ごしますか?
A4 もっとだらーっとしてる。
Q5 趣味をもっていらっしゃる?
A5 ロックを聴くこと。
Q6 なるほど。おしとやかですね。
A6 は? あんた、乾さん以上に皮肉屋?
Q7 甘党ですか?辛党ですか?中立ですか?セレブですか?
A7 まだおおっぴらに酒は飲めないから、甘党のほうかな。
Q8 ほぉ、ではお気に入りの食べ物を一つどうぞ。
A8 北海道のイクラ。北海道のに限る。だって俺、稚内出身だもん。
Q9 自分の住んでる所の自慢をドウゾ。
A9 稚内には自慢なんかないし、東京に出てきてもたいしたところには住んでないから、なんにもない。ってか、俺、東京をまだよく知らないよ。
Q10 んーどうしよう行きたくなってきた。有名なところ案内してもらえますか?
A10 あんた、女? 若い美人だったら、故郷だったら案内してあげてもいいけど、旅費は出してくれるの?
Q11 ありがとう、お腹一杯です。
A11 ごめんな、俺、貧乏なんだもん。
Q12 自分の性格についてどう思いますか?
A12 兄貴よりは強いし、兄貴よりは勇ましい。兄貴よりは潔い。ったって、あの兄貴が較べる相手ではね。
Q13 それが不満だったり?
A13 俺よりひどいのが身近にいるんだから、いいんだよ。ったって、兄貴はもうひとかどの大人だからなぁ。十二も年上なんだぜ。
Q14 性格で直したい部分は?
A14 このちゃらんぽらんさか。兄貴に似たんだよ。
Q15 羨ましいと思えるのはどんな性格?
A15 好きになった女に告白できる性格。
Q16 では、作者さんに「辻褄合わせの為に、次の話で死ぬことになるけど良い?」と聞かれたらどうしますか?
A16 やだーっ!! 絶対にやだっ!! 俺の人生はこれからだっ!! 殺さずに大学入試に合格させろ。
Q17 賢明ですね(汗)
A17 そうでしょうか(テレ)
Q18 特技はありますか?
A18 逆立ちがうまいんだ、俺。
Q19 有っても無くてもやってみてください。わくわく。
A19 ほい。かっこいいだろ?
Q20 面接の時有利になりそうだね。あって良かったね。
A20 ……また皮肉、言ってるな。
Q21 さてさて、嗜好をちょいと変えて軽いものにしましょうか。
A21 ここまでだって軽いじゃん。
Q22 異性が気になったりしますか?
A22 当然です。
Q23 ドキリと感じる異性の仕草というか、行動は?
A23 俺は頭のいい美人が好きなんだよね。ひけらかすんじゃなくて、さりげなく利口さを見せてもらうとどきっとする。
Q24 ほぉ。もし想い人が居るのなら、ここで言ってしまってもいいんじゃないですか?
A24 いないよ。俺は受験生だってば。
Q25 ……ですよね。野暮なコト聞いてしまって謝罪の言葉もありませぬ。
A25 うんうん、いいからさ。
Q26 お気に入りの動物、何かしら一つあげてください。
A26 エゾシカ。
Q27 もしもその動物と一日だけずっと戯れていてもいいと言われたら……
A27 背中に乗せてもらいたいよ。
Q28 しまった、罠だ!天井が落ちてきた!
A28 なんなんだよっ!!
Q29 あれ、屋外じゃないの?と、思ったでしょ?
A29 ここは室内だよ。
Q30 もしも作者さんに、「めちゃくちゃカッコイイ場面作ってあげるけど」といわれたらどう思いますか?
A30 あんたの才能で「めちゃくちゃカッコイイ場面」なんてものが作れるんだったら作ってみろ。かっこよくなかったら笑ってやるよ。
Q31 作者さんに、「誰かとラブラブにしてあげようか」といわれたら、誰を選びますか?
A31 大学に合格してから考えるよ。
Q32 作者さんに、「誰かを殺してあげようか」と言われたら、誰かを殺しちゃいますか?
A32 殺したいほどに人を憎んだことも、愛したこともないよ。って、かっこいい? 
Q33 ひ、人殺しっ!
A33 なんなんだよ、乾さんが前に詩に書いてたのをぱくっただけだろ。
Q34 自分が作者さんの趣味嗜好によって産み出されたと思いますか?
A34 いや、俺がおばさんに教えてやったんだ。「章には弟の俺がいる。十二歳年下の龍を忘れるな。俺は東京に行きたいんだ」ってね。
Q35 おっと、これは失礼。失言を許してください。
A35 いいけどね。
Q36 作者さんに贔屓されてると思ってますか?
A36 されてねえよ。
Q37 何でまた?
A37 出番が少ないし、出てきたらかっこ悪いもん。
Q38 イラストを書いてもらったことはありますか?
A38 描いてほしいな。俺は顔もいいし、細くて背も高くて脚も長いから、ルックスはかっこいいよ。
Q39 あなたはこれからどうなりたいと思いますか?
A39 まずは大学合格。そしたら彼女もできるしね。
Q40 最後に、作者さんに言いたかったことを思いっきりドウゾ!
A40 俺を大学生にしてくれ。え? そのうちしてあげるって? それでもう満足だよ。
Q41 ……はい。では、わざわざどうもありがとうございました。
A41 フォレストシンガーズの主要キャラは全員、バトンをやったんだって。とうとう俺にまで回ってきたんだよね。次は誰かなぁ。
スポンサーサイト


  • 【小説274(White breath)】へ
  • 【小説275(地球はメリーゴーランド)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【小説274(White breath)】へ
  • 【小説275(地球はメリーゴーランド)】へ