ショートストーリィ

コラボストーリィ(美月&あかね)「ポチ」①

 ←小説272(アコースティックバージョン) →コラボストーリィ(美月&あかね)「ポチ」②
美月さんの「祖父恋」に登場するポチをお借りしてのショートストーリィ。
http://niji-noshima.cocolog-nifty.com/sora/2009/06/post-36e5.html
フォレストシンガーズストーリィの脇役、酒巻國友(大学一年生)とポチの物語です。



「ポチ」①

1

どこかで見たひとだな、僕の印象はそんなふうだった。
「クニちゃん?」
「は、はい。僕は酒巻國友ですけど、あなたは?」

 大学からの帰り道、犬を連れた男性に会った。彼は僕よりは年上に見える。会ったことはあるような気がするが、いつ、どこで会ったのかは思い出せなかった。

「僕は宮田京介。この名前ではきみの記憶にはないかな。きみのお父さんの友達なんだけどね」
「……僕の父は宮田さんみたく若くありませんよ」

「そうだよね。納得はしてくれられないよな。ポチが話しをしたいって言ってるから、密談のできるところにいこう」

 ポチとは犬の名前か。茶色の犬が僕を見上げてしっぽを振っている。犬が話しをしたいって……宮田さんって……変? いささか怯えながらも、僕は宮田さんとポチとともに公園に入っていった。

(クニちゃんのお父さんには、宮田京介って友達がいるでしょ?)
「は? はぁ? 誰が喋ってるんですか」

 ベンチのとなりに腰かけた宮田さんの口は動いていない。腹話術か。

(僕だよ、ポチだよ)
「は? はぁあ?」

(信じてくれないのはしようがないんだけどね)
 腹話術だとしか考えられなくて、僕は宮田さんを見た。

「ポチの声は僕にも聞こえてるよ。ポチ、続けて」
「……続けて」

 なんだか信じそうになって、宮田さんに続いて僕も小声で言った。

(僕は魔法使い犬なんだよ。信じられないのは当たり前だろうから、僕の言う場所に行ってみて。そしたらきっと信じられるから)
「行ってみて」

 僕の父の友達にすれば若すぎる。だけど、宮田京介さんは僕も知っているのだから、似ているともわかる。宮田さんの息子だと言われれば信じるしかない男性にも言われて、僕はベンチから腰を上げた。

* * *

 現在の宮田さんは、息子夫婦と孫とこの近所に住んでいるとポチが言っていた。僕はぼわーんとした気分のまんまで、ポチに教えられた家に行ってみた。

(さっきね、僕のご先祖のポチがテレパシーで教えてくれたんだよ)
 宮田家が近づいてくるにつれて、頭の中に声が聞こえるようになってきた。

(ポチとポチが会うのはいけないみたいだし、ポチとポチだとややこしいんだけど、京介さんは代々、犬にはポチって名前をつけてるんだよね。僕もあのポチの子孫なんだから、魔法使いだよ。これで納得した?)

(そうだね、納得するしかないみたい)
(クニちゃんは頭が柔軟だよね。僕が魔法使い犬だってことは、宮田さんの家族にも他の人にも内緒だよ。僕とクニちゃんだけの秘密)

(秘密は守るよ)
 口外したところで、ポチがこうやって喋ってでもくれなかったら、信じてくれる人がいるとは思えない。

(信じてくれたんだね)
(信じるしかないでしょ? すると、ご先祖ポチは若いころの宮田さんと一緒に、タイムトラベルしてきたの?)

 少年のような声と頭の中で会話をしながら、宮田家の庭を囲む生垣の前に立った。
「ポチ……」

 先刻、出会ったポチと同じ犬がいて、笑顔でしっぽを振っているように見える。魔法使い犬だと信じてしまえば、犬にはできないはずの笑顔までができるように思えた。

(ご先祖ポチから聞いたんだけど、京介さんは暇なときにはタイムトラベル遊びをしてるんだって。タイムトラベルってのは、出発したのとまったく同じ時間に帰れるんだから、暇なんかなくってもできるんだけど、精神的には疲れるらしいからね)

(そうなんだ)
(そうらしいよ。それでね、二十歳の京介さんが彼からすれば三十年ほど未来にやってきた。京介さんが大学で友達になった、酒巻信一、山形出身)

(僕の父だね)
(ご先祖ポチが発見したんだよ。なんたってポチは魔法使いなんだから)

 タイムトラベルもテレパシーもできるポチなのだから、京介さんとともにやってきた未来の土地で、友人の息子である僕を見つけるのもたやすかったのか。酒巻信一の息子の酒巻國友は、未来の京介さんの住まいの近くのアパートで暮らしていた。

(クニちゃんには望みがあるでしょう?)
(未来の夢?)

(そういうのには僕らは干渉できないよ。そうじゃなくて、楽しい夢。現実ではないのかもしれないけど、魔法をかけてあげれば体験できる、クニちゃんの夢)
(乾さんの弟になりたいってやつ?)

 チェシャ猫ならぬ笑顔犬は、大きくうなずいてみせた。

つづく




スポンサーサイト


  • 【小説272(アコースティックバージョン)】へ
  • 【コラボストーリィ(美月&あかね)「ポチ」②】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

ありがとうございます

なんだかすごく久しぶりに懐かしい温かい気持ちにさせてもらいました。
ポチもこっちの方が生き生きしているような・・・。

それにしても京介さんがタイムトラベル遊びしてるなんて、本当にうらやましい話です。
しかも自由に時空を行き来できるなんて。

続きが楽しみですね。


それからそれから・・・本当に驚きなのですが、あかねさんの物語の中に、私の今の名字が登場するんです。
ドキドキしたり、不思議な縁だわと思わせていただいてます。

美月さん、お久し振りです

美月さんのサイトは時々見せていただいていて、どうしてらっしゃるのかなぁ、と気にしておりました。
大変なことがいろいろあったようですけど、お元気そうでなによりです。

ポチを使わせていただいて、喜んでいただいて、私もとーっても嬉しいです。

美月さんの苗字ですか。
この中に出てくるんでしたら、ひとつ、ふたつ、三つくらいですよね。
追求はしませんが、ほんと、不思議なご縁があるのかもしれませんね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【小説272(アコースティックバージョン)】へ
  • 【コラボストーリィ(美月&あかね)「ポチ」②】へ