茜いろの森

□ ショートストーリィ □

ショートストーリィについて

ごあいさつ

いつもご訪問下さるみなさまも。

はじめていらした、久し振りでいらしたとおっしゃる方も。

このようなごたついたブログにお越しいただきまして、本当にありがとうございます。

私のブログに載せている、数だけは多いストーリィの数々は、正直言って長い。

本で読めばほんの短編が、webで読むと実に長く感じるというのは、私もよそさまのブログの小説を読ませていただいて実感しております。

長くてもいいと言って下さって、読んで下さっている方々、心から感謝しております。

が、「茜さんの小説、読みたいんだけど、なにしろ長くて……」とおっしゃる方がいらっしゃるのもまた事実。そのせいで、昔は私の原稿を読んでくれていた友人すらも読んでくれないのもまた事実。

そこで考えました。

長いから読むのはいやだとか、津々井茜の小説ってどんな? ちょっと読んでみようかな、とおっしゃる方のために、ショートストーリィをアップしよう。

今さら、ここにアップしているストーリィを分割すると、すさまじい数になってしまうから無理。別の短いストーリィをアップしよう。

私は長編型だと思うのです。このブログにアップしているフォレストシンガーズストーリィにしましても、ひとつずつは短編だけど、全部がつながっていますので、もはや巨編です。

その中から抜粋した短い物語や、関連のある物語や、まったく別の物語などを、「ショートストーリィ」カテゴリにアップしていくつもりでおります。私の持っている別のブログからこちらに運んできたものもあります。

ふとお立ち寄り下さった方も、これから読んでみようかとおっしゃる方も、他の作品をひとつでもたくさんでも読んで下さった方も、短い時間で短く読めるショートストーリィを、よろしくお願いします。

11/11/20 津々井 茜


スポンサーサイト


BACK|目次NEXT
*    *    *

Information

Date:2008/09/01
Trackback:0
Comment:2
Thema:ショート・ストーリー
Janre:小説・文学

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/31 【】  # 

* 鍵コメKさんへ

あけましておめでとうございます。
コメント、ありがとうございました。

お返事はKさんのサイトのほうにさせていただきましたので、ご覧下さいね。
今年もよろしくお願いします<(_ _)>
2014/01/01 【あかね】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://quianred.blog99.fc2.com/tb.php/521-bc7a9ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)