お遊び篇

キャラへの質問バトン(徳永渉です)

 ←小説268(While My Guitar Gently Weeps) →小説269(Let's play baseball all together)
1・お名前をどうぞ。

徳永渉。とくなが・わたる。なんでも著者の好きなミュージシャンに徳永章ってのがいたそうで、俺と木村章とに分割されたって説もあるが、俺は生まれたときから徳永渉だ。

2・性別と年齢を教えてください。

男、三十代半ば。

3・一人称は。

俺。改まった場合は「僕」よりは「私」かな。

4・職業は。

ジャズ、ブルース系のマイナーなシンガーだよ。

5・お住まいは。

東京都内のちっぽけなマンション。

6・身体的特徴等を教えてください。

身長は180くらい。鍛えてるからまあまあいい身体をしている自信はあるよ。

7・趣味や特技はありますか。

趣味はボクシング。特技……女たらしだと言っておこうか。

8・今更ですが種族は。

人類、黄色人種。

9・作品中に戦闘シーンはありますか。ある場合、武器等はお持ちですか。

喧嘩のシーンだったらある。武器は俺のこの拳と脚だ。

10・お好きな物、事を好きなだけ出してみてください。

酒、女、格闘技、煙草、読書、そんなものかな。音楽は趣味ではなく仕事だからね。

11・苦手な物、事はありますか。

べたついてくる女、でかすぎる女、重すぎる女、顔のいい男、正論をぶつ奴、正義感をふりかざす奴。

12・恋人はいますか。いない場合は異性のタイプを教えてください。

恋はしたことがない。恋人なんて持ったことはない。異性のタイプというんだったら、セックスを軽く考えているさらりとした女かな。

13・同じ作品の中のキャラとの繋がりを自分なりの視点で紹介してください。何人でも構いません。

一番はフォレストシンガーズの本橋真次郎と乾隆也、俺はこのふたりが大嫌いだ。うじムシのほうが可愛いというくらい大嫌いだ。が、ライバルがいてこそ燃える俺の性格からすれば、奴らは俺の生きる活力でもある。彼らはさまで俺を重要視していないようで、すなわち、俺のほうが下だって意味なのかもしれない。それでもいいさ。今に見てろ。

14・あなたの声のイメージを作者から聞いていますか。

一般的有名人でいえば、徳永英明タイプかな。徳永という姓も彼を意識しているとも聞いた。話しているときは低い声で、歌うとハスキーな高音になる。

15・イメージソングなどは。

沢田研二「憎み切れないろくでなし」

16・あなたを漢字一文字で例えると。

「歪」。

17・作者や友人等に何か言っておきたいことはありますか。

金子さん、あなたへの100の質問の回答を読みました。酒巻の突っ込みが当たってますね。あんたがそういう男だとは知ってましたから、驚きもしませんが。
作者? あんたは勝手にすればいいよ。あんたがどう描写しようと俺は俺だ。あんたが俺を動かしてるような気になるなよ。俺は俺の意思で動いてるんだ。

18・ありがとうございました。次の方にバトンタッチしてください。

やってみてほしいキャラはいるのですけど、そのキャラの作者さまが読んで下さるかどうかはわかりませんので、興味を持たれた方はどなたでも。教えていただければ見せてもらいに伺います(この答えのみ、純粋に著者からです)

以上、有村司さんのブログを見せていただいて、真似してみました。
ありがとうございました。




スポンサーサイト


  • 【小説268(While My Guitar Gently Weeps)】へ
  • 【小説269(Let's play baseball all together)】へ

~ Comment ~

こんにちは!

こんにちは!さっそくお邪魔しました!
まだ、こちらのブログにお邪魔して日も浅いので、知らない方だったらどうしようかと思っていましたが、徳永君で良かったー!

私も徳永英明さん好きですよー。最近はよくカバーアルバムを出されていますが、徳永さんの歌で一番好きなのは「ウエンズデイ・ムーン」です。

しかし、この徳永君、個性がはっきりして毒のある(笑)素敵なキャラですね!
あかねさまのキャラ造形、私も見習わなくては…。

ありがとうございました。

毒どくどく~

有村司さん

いらして下さって、コメントもいただきまして、ありがとうございます。
徳永渉の「毒」。
彼を漢字ひとことであらわすのでしたら、それでもいいですね。

私も徳永英明さんの歌、スキです。
私は「レイニーブルー」が一番好きです。

こんにちは^^

先日は、ご心配をおかけしましたe-466
無事に、復活しております。
質問バトン。増えましたね~。しっかり、キャラを堪能させていただいております。
しかし、強烈なキャラですね~^^;)

この質問も面白そうですねw
お借りしていってもいいのかな?e-330

よかった!!

かつまさん

お元気になられたようで、なによりです。
でも、ご無理はなさらないで下さいね。

徳永渉、強烈ですか?
かつまさんを苦笑いさせるとは、たいした奴なのでしょうか。

バトン、好きですので、次々やってしまって、主要キャラはほぼ完了しました。

このバトンは有村司さんの「紙上の荒野」からお借りしたものですので、有村さんの了解があれば借りられると思いますよ。
私のリンクのところに有村さんのブログ、ありますので、行ってみて下さいね。

こんな人間でしたっけ???

徳永くんの印象が薄いせいか、ここまでぶっ飛んだ人とは思いませんでした(^^;
人物像としては、まぁ、確かにそうかな、と思いますが、こんな風に激しいモノを抱いているとは!
でも、作中で語られない一端を見た気がして、興味深かったです。
かつまさんがコメント残されているのを見て、思わず、fateも飛び込んでみました(^^;
あかねさん、10年もfateが存在してるかどうか分かりませんぜ~
なんつって。

三十代の徳永渉ですから

fateさん

ありがとうございます。
fateさんが読んで下さったころといえば、十代から二十代の渉くんですよね。
本人も言ってます。
「あのころの俺は無邪気で可愛かった」
↑嘘でしょ。

彼の先輩たちも乾くんも言ってます。
「徳永はクールなんだかホットなんだかわからない奴だよな」
どっちなんでしょうね?

そういえばかつまさんも言っておられました。
人には二面性がある、ってことで。。。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【小説268(While My Guitar Gently Weeps)】へ
  • 【小説269(Let's play baseball all together)】へ