内容紹介

短いあらすじ・番外2

 ←短いあらすじ5 →小説176(いつかのメリークリスマス)
とても短いあらすじ・番外編2

第三部まではフォレストシンガーズ以外の人物が主役となる物語を「番外編」としてきました。第四部以降は「物語の中の物語」、「不思議ストーリィ」を番外編にしています。その限りでもないお話もありますし、本編のほうにも妄想ストーリィふうはありますが、基本はそういうことですので。
妄想色の強いこんなものでもお楽しみいただければ、著者はとてもとても嬉しいです。


★第四部

番外38「GOOD BYE LOVE LOAD」

主人公・乾隆也

「俺がフォレストシンガーズの乾隆也ではなかったとしたら、どういった人生を歩いていたのか」。隆也と幸生の会話からはじまって、ソロシンガーになっている隆也と真次郎が出会う。そこから幻想と現実が錯綜していく。

番外39「A girl meets a boy」

主人公・三沢幸生

NO.49「水晶の月」でフォレストシンガーズが知り合った、ライターのみずき霧笛。彼には幸生がハードボイルド小説を書いてほしいとお願いしたりもしていて、このたび、三沢ユキを主役とした物語が開始した。試行錯誤段階の女の子ユキのストーリィについて、みずきと語り合い、当惑も覚えている幸生。

番外40「文筆家のひとりごと」

主人公・みずき霧笛

中年男性であるみずき霧笛の、「A girl meets a boy」にまつわる弁解だの、その他諸々の書きかけ小説だのについて。
 
番外41「Initial experience」

主人公・徳永渉

「A girl meets a boy」を読んだ渉の感想。渉が登場するパートでは、「俺はこんなふうになんかしない」だったりして。

番外42「もうひとつのA girl meets a boy」

主人公・金子将一

関係者各位はあちこちで、「A girl meets a boy」を読んでいる。みずき霧笛とは親しい金子は、別バージョンを読んでさらに自作の別バージョンを書く。

番外43「The mysterious past」

主人公・本庄繁之

ファンタジックストーリィの定番ともいえる、「A girl meets a boy」を読んでいて物語の中にさまよい込む繁之。

番外44「Happy imagination」

主人公・酒巻國友

彼もまた「A girl meets a boy」を読み、ひええー、恥ずかしいぃー、となっている。文章を書くのが好きな國友も小説のワンフレーズを書いてみた。学生時代の幸生や隆也との会話も思い出す。

番外45「IF……?」

主人公・木村章

「A girl meets a boy」が小説として書かれる前に、章はそれに似ているようでちがっている世界を経験していた。十七歳の章と十六歳のユキがいるフォレストシンガーズは、はたして? もしも……もSFの定番です。


★第五部

番外46「十六歳のころ」

主人公・小笠原英彦

若い友人の新之助の感化でブログをはじめたヒデは、インターネットの世界で新鮮な体験をする。「A girl meets a boy」を知り、みずき霧笛と知り合って、彼の書いた創作を読む。小笠原英彦主役の「十六歳のころ」はいいけれど、三沢ユキはいやじゃーー、のヒデ。

番外47「Delusion」

主人公・栗原準

モモクリのクリちゃんも「A girl meets a boy」を読み、本橋真次郎に恋しているゲイ青年の妄想なども聞かされる。

番外48「Several photographs」

主人公・本橋美江子

デスクに並べた写真を見ていた美江子は、「A girl meets a boy」の続編のような世界に入り込んでいく。

番外49「半夏生」

主人公・本橋真次郎

みずき霧笛の友人が書いた別小説。真次郎、隆也、美江子、英彦、繁之の共同生活に加わった女の子の名前は三沢ユキ。

番外50「Twin's Yuki」

主人公・みずき霧笛

結婚が遅かったみずき霧笛に、子供が生まれるとの報告がもたらされる。そこで彼が書きたくなった、双生児のユキのストーリィ。

番外51「IF……part2」

主人公・三沢ユキ

番外45「IF……?」の視点を変えて、ユキはママから生まれたんだもん、実際にここで生きて動いてるんだもん、のストーリィ。

番外52「素顔のままで」

主人公・乾隆也&三沢幸生

番外38「GOOD BYE LOVE LOAD」で隆也が彼の恋人だと設定した女性と、同名の新人シンガー彩花があらわれる。彩花は「A girl meets a boy」を読んでいて、疑問を投げかけてくる。「A girl meets a boy」のラストシーンなども。

番外53「美貌のしらべ」

主人公・蜜魅

84「心斎橋に星が降る」で登場した漫画家の蜜魅。「A girl meets a boy」を読んだ蜜魅は、その世界を漫画にしたいと考え、別方向で漫画原作を書く。

番外54「夢見る少女じゃいられない」

主人公・山田美江子&沢田愛理&金子リリヤ

ここからは「A girl meets a boy」からは離れて、三人の中学生の少女が主役。フォレストシンガーズストーリィの脇役である彼女たちが中学生だったころに、目の前にあらわれた女性は?

番外55「Yesterday」

主人公・三沢幸生&酒巻國友&木村章&長嶺彰浩

「夢見る少女じゃいられない」の少年版。小学生だった彼らのもとにあらわれたお兄さんたちは?

番外56「だいじょうぶマイフレンド」

主人公・三沢雄心

高校三年生の雄心が受験勉強をしていて、現実逃避のためか? さまよい込んだ海辺で美少女にはかない恋をする。彼女のほうからは雄心は見えてもいなかった。大学生になった雄心が出会った美女、野乃花はあのときの?

以上です。第六部に続きます。



スポンサーサイト


  • 【短いあらすじ5】へ
  • 【小説176(いつかのメリークリスマス)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【短いあらすじ5】へ
  • 【小説176(いつかのメリークリスマス)】へ