内容紹介

短いあらすじ2

 ←短いあらすじ1 →小説143(I'LL MAKE LOVE TO YOU)

とても短いあらすじ2

フォレストシンガーズストーリィ・第二部

46「サンライズサンセット」

主人公・三沢幸生

第二部スタート。合唱部時代の先輩の徳永渉がプロシンガーとしてデビュー。そのための祝いの会が催され、フォレストシンガーズ代表として出席した幸生が、数人の合唱部時代の仲間たちと会う。それからさまざまありまして。

47「SAILING」

主人公・乾隆也

パーティで知り合ったモデルの菜月と隆也との恋。もうひとり、知り合ったタウン誌編集者である本村梢子にもかたむいて、ゆらゆらの隆也。

48「黒猫のタンゴ」

主人公・木村章

幸生とともに公園を歩いていた章が、黒猫親子と遭遇した一夜の出来事。

49「水晶の月」

主人公・乾隆也

繁之の結婚が決まり、ラジオドラマ「水晶の月」に出演して、忙しくなってきたフォレストシンガーズの一時期のお話。

50 「続・水晶の月」

主人公・繁之&真次郎&幸生&章&美江子

ある日、隆也のアパートにフォレストシンガーズの五人が集まっている。四人の男たちが、ここにはじめて来たのは……からはじまって、過去を思い出したりラジオドラマについて語り合ったりしている。終章では視点が美江子になり、隆也の引っ越しとなる。

51「満開の薔薇」

主人公・本庄繁之

ラジオ番組が縁となってつきあうようになったテニス選手の川上恭子と、繁之の結婚にまつわるストーリィ。

52「心さえ天に舞い」

主人公・山田美江子

繁之の結婚を控えた時期の美江子の私生活、ジャパンダックスや隆也の彼女である菜月との触れ合い。そして、繁之の結婚式。

53「We will rock you」

主人公・木村章

シゲさん、結婚するんだな、いいなぁ……から、章は自身の恋にも思いを馳せる。誰はもてて誰はもてなくて、などなどとも考える。フォレストシンガーズと同じ事務所で、同時期にデビューしたジャパンダックス解散。

54 「One night stand」

主人公・三沢幸生

ジャパンダックス解散に伴って、「オフィス・ヤマザキ」に新人が入ってくる。そのロックバンド、「燦劇」との出会い。オフィス・ヤマザキ社長の息子、数馬との触れ合いなど。

55「君といつまでも」

主人公・本庄繁之

幸せいっぱいの繁之の新婚生活と、燦劇や他のロックバンドのメンバーとの関わり。シゲが珍しくもててる?

56「あんなにこんなにそんなにどんなに」

主人公・本橋真次郎

大人になりつつある我々だが、あまりに丸くなってもよくないなぁ、と考えている真次郎の日常。グラブダブドリブとの出会い。

57「サイレントナイト」

主人公・山田美江子

美江子の新しい恋と、フォレストシンガーズのマネージャーとして確立しつつある日々。

58 「Tシャツに口紅」

主人公・乾隆也

過去を思い出したり、妄想のような幻想のような世界に浸ったりの隆也。夏イベントで知り合って、金子将一に恋をした野乃花をも気遣いつつ、隆也の夏がすぎていく。

59「今日を生きよう」

主人公・三沢幸生

幸生に初の単独仕事がやってくる。アメリカ人シンガーとのデュエットの仕事で知り合った、大阪弁熟女シンガー春日弥生と仲良くなり、英彦を探したいのもあって大阪に行ったりもする。

60「The song and you are my lives」

主人公・本庄繁之

恭子と結婚して一年がすぎ、幸せ真っ盛りではあるものの、繁之は英彦に会いたくてならない。繁之のコンプレックスでもある「俺には作詞作曲ができない」を、英彦が夢に出てきてちょっとだけ解消してくれた。

61「ルシアンヒルの上で」

主人公・小笠原英彦

フォレストシンガーズを脱退して行方不明になっていた英彦は、結婚、離婚、家出、放浪の日々となっている。英彦と章、泉水との再会。英彦の決心。繁之の結婚を知った、英彦、二十八歳の日までのストーリィ。

62「ハートブレイクボーイ・再び」

主人公・本橋真次郎

章がスーに捨てられたときに、幸生が作詞した「ハートブレイクボーイ」。あれから俺たち……けっこう長く歩いてきたなぁ、といった、第一部NO.9の続編でもあります。

63 「想い出の渚・幕開け」

主人公・山田美江子

学生時代に合宿をしていた夏の海からはじまった、美江子の「想い出の渚」。今年の夏にもフォレストシンガーズは海辺で仕事があり、真次郎と美江子が……え? えええ? のミエちゃん。

64「ラストダンスは僕に」

主人公・乾隆也

スタジオに写真撮影に来ているカメラマン助手、美里と隆也の恋。その恋は隆也の片想いに終わり、ひとり寂しく肩を落とす隆也なのでした。

65「想い」

主人公・三沢幸生

長い一章のこのストーリィは、幸生二十七歳の数日間。作詞をしたり、ラジオに出演したり、あっちこっちでぺちゃくちゃお喋りしたり、女の子と知り合ったり。

66「Destruction impulse」

主人公・木村章

福岡が本拠地であるハードロックバンド、「ダイモス」。ロックにはいまだ拘泥のある章が、ダイモスに燃やす複雑な炎。ダイモスや燦劇との章の触れ合い。

67「十人十色」

主人公・本庄繁之

幼馴染の泉水が大阪からやってきて、繁之、恭子、美江子と会食する。その場にあらわれた金子将一、同じ大学の演劇部出身俳優、音羽吾郎がからまって、繁之の煩悶がはじまる。
        
68「男と女の間には」

主人公・本橋真次郎

三十路となった真次郎と隆也。フォレストシンガーズデビュー六年目。冒頭では真次郎が過去を振り返っている。そこから現在へと時が移り、真次郎のややこしい恋やら、酒場での隆也とどこかのおじさんとの喧嘩やら。

69 「雨にも風にも」

主人公・ 隆也&章&幸生&繁之

隆也の恋は終わり、モトカノ菜月との再会。アイドルグループ、ラヴラヴボーイズのポンとの関わり。オフィス・ヤマザキ社長が「オヤジ狩り」に遭遇する。大ベテランのおじさんスタジオミュージシャンたちの「defective boys」&瑠璃と幸生との関わり。そして、フォレストシンガーズ八年目にして初の全国ライヴツアー決定。

70「想い出の渚・幕間」

主人公・山田美江子

「向日葵」という店で、美江子がモトカレたちに会う。そこにやってきた真次郎と……といった、「想い出の渚」幕間ストーリィ。

71「 F8 LIVE・TOUR STORY1」 

主人公・本橋真次郎

「八年目のフォレストシンガーズ・政令指定都市を旅する」と銘打ったライヴツアー開始。真次郎はややこしい気持ちを抱えているのだが、それはそれとして、ライヴに燃えている。ライヴツアー中の真次郎の、リーダーとしてのあれこれ。個人的な再会などなど。

72「 F8 LIVE・TOUR STORY2」

主人公・本庄繁之

ライヴツアーでは妻の恭子においしいお土産を買うのが繁之の夫としての使命であり、フォレストシンガーズのベースマンとしての使命もむろんある。そんなふうに忙しいツアーが終わり、休暇には妻とふたりして「ビジュアルロックフェスティバル」に出かけていく。

73 「F8 LIVE・TOUR STORY3 」

主人公・乾隆也

ツアーが終了して休暇となった隆也は、家事をしたりツアー中を思い出したり、「ビジュアルロックフェスティバル」に出かけたりしている。その打ち上げ会場で会った酒巻國友から衝撃の告白をされるのだった。
                      
74 「F8 LIVE・TOUR STORY4」

主人公・木村章

ある意味「再会ライヴツアー」だったなぁ、と感慨にふける章。秘密厳守が苦手な章の小さい胸に、秘密がどんどんたまっていく。

75「F8 LIVE・TOUR STORY5 」

主人公・三沢幸生

幸生もツアー中にはいろんなひとと出会い、いろんなひとと再会した。高校時代のはじめてのひと、麗子との会話や、英彦への想い。

76「恋に落ちて」

主人公・三沢幸生

幸生二十九歳の休暇に、ベトナムへ旅行に行く。ベトナムで幸生が落ちた恋は……

77「風になりたい」

主人公・真次郎&繁之&隆也

すっかり幸生と親しくなった春日弥生と、隆也のスキャンダル?! といった大騒動のようなものから、事務所に入った新人デュオ、フルーツパフェやポン、本名麻田洋介になつかれ、といったものから、瑠璃もからんでの一件やらと、フォレストシンガーズを取り巻く事件の数々。

78「路地裏の少年」

主人公・木村章

フォレストシンガーズデビュー八周年記念アルバムにまつわる、章の諸々の考察。

79「勝手にしやがれ」

主人公・幸生&國友&渉

フォレストシンガーズとは大きく関わっている合唱部時代の仲間、酒巻國友と徳永渉もからんでの、金子将一の恋や彼らの私生活。

80「紫陽花いろの」

主人公・小笠原英彦

英彦の学生時代の続き、及び、ひとりぼっちになった英彦が紫陽花の花を見て、昔を思い出す。立ち直りたいと漠然と考えてはいるものの、といった時期。

81「タイムマシンにお願い」

主人公・三沢幸生

つらい恋をしている幸生が、ある日あるとき、街角で若き日の本橋真次郎と出会う。タイムトラベルストーリィ。


二部は以上です。

スポンサーサイト


  • 【短いあらすじ1】へ
  • 【小説143(I'LL MAKE LOVE TO YOU)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【短いあらすじ1】へ
  • 【小説143(I'LL MAKE LOVE TO YOU)】へ