番外編

FS超ショートストーリィ・四季の歌・幸生「冬の傷」

 ←166「カムバック」 →FS俳句・短歌・超ショートストーリィ2016/12&2016ごあいさつ
フォレストシンガーズ

超ショートストーリィ・四季のうた・冬

「冬の傷」

「覚えてくれてないかとも思うんですけど、三沢さんは言ってましたよね。
 俺は一度触れ合った女性は絶対に忘れないって。
 だから、覚えてくれてるかなぁ? 覚えてくれていたらチョーウレピィ!!

 古いか。
 古いのもしようがないのよ。私、三沢さんと同い年だもん。
 合唱部で一緒だったんだよ。覚えてませんか?」

 ファンクラブ限定メールフォームに届いた、ミオという女性からのメールだ。ミオちゃんって合唱部にいたあの子? それだったら覚えてるよ。三沢幸生さんへ、と個人名が宛名だったので、あのミオちゃんだと決めて読んでいた。

「フォレストシンガーズ初の全国ツアー、あれもだいぶ前のことになってしまいましたね。私たち、神奈川コンサートに行ったんですよ。私たちって、サエちゃんと私。

 サエちゃんのことは忘れないよね? 三沢さんはそんなに薄情じゃないよね。
 どうして今さら、そんな前の話をメールしてるのかといえば、同じようなことがあったからなんです」

 ああ、こりゃまちがいなくあのミオちゃんだ。
 大学生のとき、ちょっとだけつきあってすぐに別れてしまったサエちゃんのことを知っているミオちゃんなのだから、あのミオちゃんだ。信じるよ、とメールに声を出して返事をした。

 我々が売れていないころから、昔の友達はCDを買ってくれたりライヴに来てくれたり、ファンクラブに入ってくれたりしている。実松弾……ああ、実松さん、嬉しいな。星丈人……星さんもファンクラブに入会してくれたんですね。高倉誠……高倉さんっ、大先輩っ!! 感激です!!

 そのような男の先輩の名前は、女性の多いファンクラブでは目立つ。女性の場合は埋もれてしまったりもするが、ふとした拍子に思い出す。ファンクラブの名簿を見ていて、これはあのユッコさん? などと想像したりもしていた。

「そっか……」

 メールを読み終えて窓を開けた。

 ちょうど今ごろの季節だったね。アイちゃんがあの空に旅立ったのは。
 サエちゃんはアイちゃんの友達で、哀しみをなめ合うようにして俺と恋人同士になった。ミオちゃんはきっとサエちゃんから、俺に対する愚痴を聞いたりもしていたのだろう。

 じきに別れてしまって、大学を卒業して離れ離れになっても、サエちゃんやミオちゃんは俺を見ていてくれた。それもとっても嬉しいけど、アイちゃんも見てくれていたんだね。

「神奈川でのフォレストシンガーズコンサートの夜、サエちゃんとふたりでいた私は気になっていたの。私の右隣がアイちゃんで、けっこういい席だったのね。で、サエちゃんの隣は空いていた。
 
 コンサートに集中しながらも、私は空席を気にしていました。
 客席は暗いのに、感じるのよ。私たちと一緒にアイちゃんが聴いてくれていたの。
 時々、私はそんな感じになるんだけど、めったに人には言わない。おかしい人だと思われるからね。だけど、サエちゃんは信じてくれた。

 そういうことはしばらくなかったんだけど、この間の東京でのライヴに、久しぶりにサエちゃんと一緒に行ったら、また来てくれたよ。アイちゃんはサエちゃんに会いたくて、フォレストシンガーズの歌も聴きたくて来てくれるのね。

 三沢さんだったら信じてくれるかな。
 信じてもらえなくてもいいけど、アイちゃんとサエちゃんと私、いつまでも応援してるから。がんばってね」

 うん、信じるよ、ありがとう、ミオちゃん。
 心に小さく残った十代最後の傷は、いつまでたっても消えはしない。消えなくってもいいんだね。この傷がアイちゃんと、あのころの仲間たちとの絆になっていると、そう考えればいいのだから。

END










 
スポンサーサイト



【166「カムバック」】へ  【FS俳句・短歌・超ショートストーリィ2016/12&2016ごあいさつ】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

ふうむ。
確かに歳をくってからの傷は忘れやすいけど、若い頃の傷って結構人生に影響しますよね。やけぼっくりに火が点いた・・・という言葉もある通り、若い頃の気持ちを思い出すことってやっぱりありますよね。そういう情動もいいですよね。

今年一年ありがとうございました。
今年に関しては仕事が忙してなかなか通えるときが少なくなってしまい申し訳ありません。
来年もよろしくお願いします。

LandMさんへ

去年最後のコメントをありがとうございます。
もう年が明けましたね。

あけましておめでとうございます。

若さって傷つきやすいものですよね。
青春時代の真ん中は道に迷っているばーかりー♪
ってね。

さてさて、今年もよろしくお願いします。
このごろちっとも書いてないのですけど、今年はもうちょっとがんばります。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【166「カムバック」】へ
  • 【FS俳句・短歌・超ショートストーリィ2016/12&2016ごあいさつ】へ