ショートストーリィ(しりとり小説)

165「伸るか反るか」

 ←FS超ショートストーリィ・四季の歌・全員「四季の髪」 →FS「切手のない贈り物」
しりとり小説

165「伸るか反るか」


 デート費用を常に彼が支払ってくれるのが、匡恵としては悪い気がする。彼は高収入なんでしょ? 払ってくれても当たり前なんじゃない? と女友達には言われるのだが、おごってもらいっぱなしは匡恵の性分からしても気持ちよくはなかった。

「保夫さん、そしたらこの次はドライヴするときにお弁当を作っていくわ」
「弁当? いやだな、そんな貧乏くさいのは」
「あ、そう?」
「ドライヴするんだったら葉山あたりのイタリアンレストランがいいよ」
「そ、そうね」
 
 ならば、と別の提案をしてみた。

「私のうちにいらっしゃらない? 母と一緒に料理を作るから、おもてなしさせて」
「いや、まだそれは早いでしょ」
「そ、そうかもしれないね」

 では、とプレゼントしてみた。

「ありがとう。うん、さすがに匡恵さんはセンスがいいね。でも……」
「このネクタイ、趣味じゃなかった?」
「そうじゃなくて、どうして匡恵さんがそんなことばかり言ったりしたりするのか、だよ」
「え?」

 にっこりして、保夫は言った。

「匡恵さんはいいご家庭のお嬢さんだもんな。つまりは躾がいいってことだよ。僕ぱかりお金を使ってるのが気がかりなんでしょ? だからお礼をしてくれる。きみの気持ちは痛いほどに伝わってくるんだから、気にしないでいいんだ」
「だけど……」
「大好きな匡恵さん、もうすこしつきあったらきみと結婚したいとも考えている匡恵さん。僕はこんなにも女性を好きになったのははじめてだ。そんなにも好きな女性のためにお金を使うのは僕の喜びなんだよ。もっと僕を喜ばせて」
「……そんなに言っていただくと……」

 すこし戸惑ってはしまったが、匡恵としても嬉しかった。

「私があなたのお父さんと交際していたころには、男性がデート費用を出すのは当たり前だったわね。今どきはどんなに収入のいい年上の男性でも、お金を出そうとしない女性が嫌われるらしいってのは、私も聞いたことはあるのよ。でも、保夫さんがそうまで言って下さるんだったら、おまかせすれば? 匡恵はそのたびにきちんとお礼を言っていればいいのよ。プロポーズしてもらったら、うちにどんどん連れてらっしゃい。私が腕をふるってごちそうするわ」

 母にもそう言われたので、たまにプレゼントをするだけでいいと匡恵も決めた。

 大学時代の先輩に誘われて、匡恵は彼女が所属している和楽器オーケストラの演奏会に出かけていった。趣味の会なので、聴衆はほとんどがオーケストラメンバーの家族、友人などである。保夫は先輩の和楽器仲間の知人だと紹介された。

「匡恵ちゃんとおつきあいしたいって保夫さんが言ってるそうだよ。彼は吾妻さんの会社の取引先の社長なのね。小さい会社だけど、起業なさったのは保夫さんのお父さんで、業績は悪くはないみたい。保夫さんは副社長だから、お給料もいいみたいよ」

 先輩から電話がかかってきて、その後に保夫とふたりで会った。お見合いに近い形だったから、釣書のようなものも交換した。とはいえ、正式なお見合いではないのだから、必ずしも結婚に到達するとも限らない。

 二歳年長の保夫は三十一歳、匡恵は二十九歳、昨今では適齢期といえる。プロポーズはまだなのだから互いの親には会っていないが、保夫の口ぶりからしても時間の問題だろうと思える。次第にふたりのデートの話題も、結婚式、新婚旅行、新居といったものになりつつあった。

 収入がいいというのを証明するかのごとく、贅沢すぎない程度に豪華なデートを保夫が企画してくれる。匡恵は大企業の重役である父のひとり娘として育てられたのだから、それしきでは気おくれはしない。ただ、いつも払ってもらって悪いなぁ、とは思うのだった。

 けれど、それだけ愛されているからだよね。
 結婚まで考える相手なのだからこそ、保夫さんは私にデート代を払わせたりはしない。大切に想ってくれているからだよね。この間、はじめてホテルに行った。あの夜のひとときも素敵だった。

 早急にホテルに行こうとしなかったのも、私を大切に想っていてくれるからこそ。
 中肉中背でルックスは平凡なほうだけど、私は面食いでもないし、私だって特別な美人でもないんだから、中身のいい男性がいいの。

 だんだんと匡恵はそう考えるようになっていた。

 プロポーズされて結婚しても、子どもができるまでは働こう。父の伝手で就職した匡恵の職場は、既婚女性だって働きやすい。妊娠したら保夫はきっと育児に専念してほしいと言うだろうから、それまでは仕事を続ける。匡恵は気の早い決意もしていた。

「……匡恵さん?」
「はい、あの……」

 仕事を済ませ、今日はデートの約束もしていないから、料理教室で使うエプロンを買いにいこうかな、と街を歩いていたときだった。携帯電話の発信者が「保夫」だったので電話に出たら、女性の声が聞こえてきた。

「保夫さん、私の部屋にケータイを忘れていったんだ。これは彼の私用だし、仕事では別のを使ってるし、私だったら中身を見ても平気だと思ってるんだよね。さっきメールが来て、今度会うときに持ってきてって言われたよ」
「あの、あなたは……」

 胸のうちにむくむくと、黒い雲が湧いてきた。

「私は匡恵さんのこと、知ってたんだ。彼がベッドで匡恵さんの話もするんだもの」
「彼って……保夫さん?」
「そうだよ。これ、保夫さんのケータイだよ。匡恵さんもこの番号も知ってるんだよね」
「保夫さんのケータイが二台あるってのは知ってるけど……」

 だからこそ、保夫という名前でこの番号も登録してあった。

「いいおうちのお嬢さんで、いい会社で働いてるんだよね。大学出てるんでしょ?」
「ええ、でも……」
「私なんか高校中退だもんね。貧乏人の娘だし、まともに就職もできないし。顔やスタイルは匡恵さんよりずーっといいんだけど、品がないって言われるしね」

 ということは、彼女は匡恵の写真でも見たことがあるのだろうか。
 いったいなにが言いたいのか、したいのか、彼女の意図をはかりかねて、匡恵は聞き役に徹して携帯電話を耳に当てたまま歩いていた。

「だからさ、私は保夫とつきあってても、割り勘以上に払ってるよ。保夫は給料たくさんもらってるくせに、匡恵さんに貢がなくちゃならないからお金、ないんだって。私はそれでもいいから保夫とデートしたくて、ごはん食べに連れてってもらうの。そしたらね、ファミレスでもね、払っといて、とか言われるの。匡恵さんとはファミレスなんて安っぽい店には絶対に入らないんだってね? この前のデートではなに食べた?」
「あの……」

 保夫のケータイから電話をかけているのだから、彼女は保夫の知人なのだろう。しかし、保夫の二股相手? 水商売の女性かもしれない。保夫が彼女と遊んだのはまちがいないにしても、それ以外は彼女が嘘をついているのでは? 彼女のけだるげな声を聴きながら、匡恵は頭を回転させていた。

「これを使うと匡恵とデートしたときに困るんだよな、出しといて、とか言われるんだよ。匡恵さんにはお金なんか絶対に出させないらしいのにね。なんだかさ、虚しくなってきちゃうの。でも、私は保夫が好きだから、大好きだから、匡恵さんがあいつと結婚しても別れないよ。保夫はお金を持ってるけど、私なんかのためにはもったいなくて使えない。それでもいいから、私が全部出すから、保夫とつきあいたいの」

 つまるところ、彼女が言いたかったのはそれだったのだろう。保夫、好きだよ、と最後に呟いて、彼女は電話を切った。

 本当だったのか嘘だったのか、保夫に確認することはできるはずだ。
 この話をしつつ彼の顔を見ていれば、およそはわかりそうな気もする。しかし、そうしたらどうなる? 三十歳までには結婚したかった匡恵の希望が潰えてしまうではないか。

 愛されているのは私、大切に想われているのも私。
 男って浮気をするものなのだから、うちの父だってしていたらしいのだから、お金のかからない都合のいい女がいるのはむしろ好都合なのでは? 私にとってもあの彼女は都合のいい女?

 切れてしまった電話を見つめながら、自分がどうしたいのか明確にはわからないままに、匡恵はただただ歩き続けていた。

次は「か」です。










スポンサーサイト


  • 【FS超ショートストーリィ・四季の歌・全員「四季の髪」】へ
  • 【FS「切手のない贈り物」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【FS超ショートストーリィ・四季の歌・全員「四季の髪」】へ
  • 【FS「切手のない贈り物」】へ