ショートストーリィ(フォレストシンガーズ)

FSご当地ソング物語「飛んでイスタンブール」

 ←2016/花物語/十月「菩提樹」 →161「ニアピン」
フォレストシンガーズ

ご当地ソング物語

「飛んでイスタンブール」

 アラブとヨーロッパの境……日本人からするとはるかなる土地。ここは地の果てアルジェリア、どうせカスバの夜に咲く……とかいう歌も浮かんでくるのだが、アルジェリアはアフリカだ。

 トルコ最大の都市、イスタンブール。イスタンブルと表記することもあるようだが、若くはないシンガーたちの頭に浮かぶのはまずはこれだった。

「いつか忘れていった こんなジタンの空箱
 ひねり捨てるだけで あきらめきれる人
 そうよ みんなと同じ ただのものめずらしさで
 あの日 しゃれたグラス
 目の前に すべらせて くれただけ・・・」

 フランス煙草のジタン。アラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーブも吸っていたのではなかったか。ブルーの箱に踊り子のシルエットがしゃれている。世の中がこんなにも嫌煙ブームではなかったころは、憧れの煙草のひとつだったはず。幸生も気まぐれで買ってみて、おまえには似合わないよと隆也に笑われたこともあった。

 しゃれたパッケージの煙草と、しゃれたグラス……グラスの中にはしゃれた酒? しゃれた酒ってなんだろう? フランスのカクテルだろうか。

 みんなもきっと、この歌と昔の恋を思い出しているんでしょ。昔の恋に関してはシゲさん以外、きっとそうだよね。幸生はビルの窓のそばに立っている、他の四人をぐるっと見回した。

「おいでイスタンブール うらまないのがルール
 だから愛したことも ひと踊り風の藻屑
 飛んでイスタンブール 光の砂漠でロール
 夜だけの パラダイス」

イスタンブールには砂漠はないのだが、光る砂漠とはなにかの比喩なのか。
 失恋して傷心を抱えた女性がイスタンブールに旅をする。この曲がヒットしたのは真次郎が幼児のころだから、現実には日本人女性が失恋すると京都に旅をした時代だろうが。

 歌なのだから、イスタンブールのほうがかっこいい。光る砂漠でロール……ロールってどういう意味だろ? あとで乾に聞いてみよう。
 
「胸にかすかにしみた 低い電話のさよなら
 かすり傷一つ 残せもしない人
 そして性懲りもなく すぐに痛みもぼやけて
 今日は今日の顔で
 描きあきためぐり逢い 描いてる・・・」

 この歌詞には強がりも含まれている? 五人でビルの窓から賑やかな街を見下ろしながら、隆也も歌と過去を思い出している。

 かすかにしみた、かすり傷も残せず、痛みもぼやけて、性懲りもなく……そのくせ、めぐり会いを描いている。そんな恋は俺も何度もした。いや、かすり傷だとしても、胸の中に残った傷はいつまでもじくじく痛んで、ふとした拍子にかさぶたがはがれて出血する。けれどそしてまた、描き飽きたはずの恋をする。

 イスタンブールで恋をするなんて、愛する女性とめぐり会うなんて、そんなことは起こりえないだろうけど、ちょっとだけ想像を描いてみたかった。

「おいでイスタンブール 人の気持ちはシュール
 だから出合ったことも 蜃気楼 真昼の夢
 好きよイスタンブール どうせフェアリー・テール
 夜だけの パラダイス」

 おいでイスタンブールって、俺たちもそうやって呼ばれたんだ。フェアリー・テールってのはいいことではないのかな? 幻想的に素敵なコンサートにすれば、蜃気楼だの真昼の夢だのもいいほうになるかもしれない。

 フォレストシンガーズの五人でこんなところまで来た。トルコは親日国だそうで、日本のシンガーズにイスタンブールで歌ってほしいとの要請があり、数組の歌手たちが招聘された。その中にフォレストシンガーズも選ばれた。トルコでの日本人コンサートは初ではないようだが、そうそう頻繁に行われているのでもない。

 日本代表として気を引き締めて歌わなくちゃ。珍しく殊勝な気持ちになっているおのれに、章は苦笑していた。

「飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール
 夜だけの パラダイス」

 アジアの国々には仕事で幾度か訪れ、バリ島に新婚旅行に行き、子どもたちが大きくなったらハワイにも行きたいね、と妻と話している繁之が、こんなところまで来たのははじめてだった。

 エキゾチックだなぁ、うん、俺の感想はそんなもんだ。エキゾチックって言葉だって、合っているのかどうか不安なくらいだよ。うん、でも、いいなぁ。ここで俺たちが歌えるなんて、本当に夢みたい。俺にはこの歌のような恋の記憶はないから、過去じゃなくて近い将来と遠い未来だけを思い描こう。

END








スポンサーサイト



【2016/花物語/十月「菩提樹」】へ  【161「ニアピン」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2016/花物語/十月「菩提樹」】へ
  • 【161「ニアピン」】へ