番外編

FS超ショートストーリィ・四季の歌・全員「四季の句」

 ←2016/花物語/九月「月下の香り」 →159「レッツダンス」
フォレストシンガーズ・四季のうた

「四季の句」

春・隆也

 短歌はうちのみんなにはハードルが高すぎたのでしょうね。

 ただ、57577だったらいいんだろ、みたいな、電報みたいな文章書きやがって……かと思えば、性格を反映していたり、まだしもシゲが、まだしもシゲだけが、俺が詠んでるのは短歌じゃないという自覚があっただけましってか。ミエちゃん、あなたまでが……ってか。

 思い出すと呼吸困難になりそうですので、気を取り直しまして。

 俳句だったら、時に句会ももよおしていますので、すこしはましかと思えます。俺が季題を出して、みんなに俳句をひねってもらいましょう。まずは春を俺が詠みます。お手本になりますかどうか。

「瞑目し 心に残る 花想ふ」


夏・真次郎

 瞑目って目を閉じることか? 死ぬって意味もあるんだろ。深い……のかな? 乾の句がいいのか悪いのか、それほどたいしたこともないような気もするんだが、俺にはなにも言う資格はないか。

 夏の句? 題は「西瓜」
 食い気っていったらシゲか俺だもんな。
 詠んだよ。がんばって書いてきたよ。どうだ?

「西瓜割る おばばの笑みは 山姥の」


秋・繁之

 うう……怖いですね。西瓜をなにに見立ててるんですか? 怖いから説明してくれなくてもいいです。
 まさかおばばって……いやいや、乾さんのおばあちゃんのはずないですね。

 はい、俺も詠みました。
 乾さんから出されたのは「きのこ」。むずかしかったです。

「これだけじゃ 物足りないな きのこ鍋」

 ううう、すみません。


冬・幸生

 シゲさんらしいじゃん、最高じゃん。
 
 あのね、俺はいつも言ってるでしょ。短いポエムは苦手なんですよ。饒舌ユキちゃんなんだもん。同類なんだから乾さんだって知ってるでしょうに。俺には三十一文字でも足りないの。575なんてもっと足りないけど、やってやろうじゃん。乾さんに出された季題は「雪」。この題を章に出したとしたら。

「嫌いだよ 生まれついての 雪嫌い」
 
 となりそうですが、俺はこうしました。

「愛されて 朝にはぐちゃぐちゃ 雪だるま」

 なんで愛されてぐちゃぐちゃになるのかというと、昨夜のうちに作った雪だるまを道端に立たせておいたら、子どもたちにも犬たちにも愛されていろいろと……説明するなって? 俳句に説明はいらないって? 俺のは必要なんですよ。説明させてよぉ。


正月・章

 四季って四つしかないんですよね。なら、俺はパスでもいいのに。
 幸生が詠んだ雪の句に、木村章作、想像バージョンがあるじゃないですか。あれでいいのに。駄目? 詠め? 題は「正月」。そのまんまだな。

「餅食えば 腹が鳴るなり シゲさんの」

 食ってるのに鳴るのか? 餅を食ってるのは俺だから。法隆寺の鐘だって柿を食ってる人間の耳に鳴ってる音が聴こえてくるんでしょ。それと同じ。盗作だって? ちがいますよ、リスペクトしたんです。

 たしかに短歌はひどかったけど、俳句はましじゃない?
 あれぇ、乾さん、顔色悪いですよ。大丈夫? なにも言いたくない? だったら黙ってて下さいね。

END


5・7・5・7・7バトンの続編でもあります。
















スポンサーサイト


  • 【2016/花物語/九月「月下の香り」】へ
  • 【159「レッツダンス」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

短歌かああ。。。。
あまり・・というか全く興味が湧かないのですよね。
小説を書くのは好きですけど、制限があるのが嫌いで。。。
こうして、続けられるのもあかねさんの才能ですね。
('◇')ゞ

LandMさんへ

こちらもありがとうございます。

そうそう、制限、そうなんですよね。
字数制限があるとやりにくいですよね。
でも、たまにはそんなのもいいかもしれません。
俳句や短歌は小説以上にむずかしいと思いますが、人によって向き不向きがあるんでしょうね。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2016/花物語/九月「月下の香り」】へ
  • 【159「レッツダンス」】へ