番外編

FS超ショートストーリィ・四季の歌・隆也「春の雨」

 ←いろはの「た」part2 →FSソングライティング物語「No Matter What」
フォレストシンガーズ・超ショートストーリィ・四季のうた

「春の雨」

 ソファにもたれて雨の音を聴いていたら、うとうとしてしまっていたらしい。ああ……会いたかったよ……来てくれたんだね。こんなに濡れて……さ、お入り。俺があたためてあげようか。それとも風呂に入る? 一緒に入る? 恥ずかしい? 恥ずかしがってるあなたもセクシーだよ。

 ねぇ……あなたは……誰? 顔を見せて。

「乾さん、乾さん、隆也さん、開けて、濡れちゃう」

 はっ!! として飛び起きた。
 玄関で声がする。ドアを優しくたたく響きが、雨音に混ざって耳に届く。

 誰だろう? 女性の声? 物騒な世の中なのだから、男だからってひとり暮らしの部屋の鍵を迂闊に開けてはいけない。女性に声をかけさせて、背後に男がひそんでいる? 女性の集団強盗? とも考えられるわけで。いや、武器を持っている相手だったら、女性の単独犯だからってあなどってはいけないし。

 だけど、誰だろう?
 
 こんな時刻に外にいて、雨に降られて立ち往生していたら、近くには俺の部屋があると思い出した。そんな、過去のひと? 開けてあげたい。招き入れてあげたい。

「おーい、開けろよ。乾、こら、隆也、寝てんのか? 開けてくれって。ひでえ降りになってきやがったよ」
「……本橋?」
「この声でわかるだろ」

 おまえなんかは招き入れたくない、と言いたくなったのは、甘美な想いが遮られたからだ。
 なんだってこんな胴間声を、女声だと聞き間違えたのか。居眠りしていたから、乾、乾と呼ばわるのまでが、乾さん、と聞こえてしまった。

「……」
「なに仏頂面してんだ? 女でもいるのか」
「うるせえな、入れよ」
「ああ、入るよ」

 勝手知ったる他人の家だから、本橋はバスルームに直行して勝手にタオルを引っ張り出している。俺も勝手にさせておいた。ラジオをつけたらこんな歌。

「雨雨ふれふれもっと降れ
 私のいいひと連れてこい」

 春の雨はなまめかしくて、本橋に消されてしまったひとときの夢も艶めいていた。

END









スポンサーサイト



【いろはの「た」part2】へ  【FSソングライティング物語「No Matter What」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

せっかくの甘い期待が(笑)
まさかの本橋さんだったとは(笑)
でもまぁ物騒なことに巻き込まれなくてよかったです(笑)

春は暖かい雨が降るので、なんだか夢うつつな気分になりますよね。
きっと乾さんのいい人は本橋さんのことだったんですよ❤︎末長くお幸せに…(笑)(おい

NoTitle

なんだ。笑ってしまったじゃないか(笑)。

そうそうそうそう。
女性の恥ずかしがっている姿もまた可愛い。
それこそがダンディズムなのです。

たおるさんへ

いつもありがとうございます。

甘い期待、して下さいましたか。
寝ぼけつつも用心している隆也、即、鍵を開けたりしないのは彼らしいですよね。

私も去年、だいぶ遅い時刻に外から、本当に、開けて開けて!! と言われてびびりました。
どうも酔っ払いが家を間違えていたという、なんの浪漫もない結末でしたが。

あ、あああ、そうだったのですね。
乾くんのいいひとは本橋くんなんだってよ?
どうする~? (^^;)

LandMさんへ

笑っていただけて嬉しいです。
どうもありがとうございます。

ポルノ小説なんかにもありますよね。
恥ずかしがらせたくて彼女に卑猥なことを言わせる男性。
っと、それとはちょっとちがうのですね、失礼しました。

恥ずかしがっている女性は可愛いという男性の感覚は、なんとなくわかる気もします。

NoTitle

ああ~、妖艶な夢うつつが~。残念(笑)

シンちゃんの声が女性に代わるほど、乾君は女に飢えていないと思うんだけど、それもこの季節のいたずらかな?

そうそう、上の↑コメ返見て思い出したんですが、女(あるいは男)にヒワイな言葉を言わせて悦に入るという描写、青年漫画でも小説でもすごくありますよね。
私はあれが本当に、生理的にダメなんです。逆に気持ち悪くてすぐに閉じてしまいます。(読んでたのかw)
Sなんだけど(それは認める)、相手をはずかしめて楽しむ趣味だけはないんだなと、自己分析。
一口に官〇系と言っても、人それぞれですよね^^(NGワードひっかかるかな?)汗

limeさんへ

コメントありがとうございます。

雨の中、居眠りしていたら甘い夢を見た。
そこにちょうど、無粋な男友達が訪ねて来た。
夢とうつつが入り乱れてしまったのは、おっしゃる通り、春のいたずらだったのでしょうね。

女には飢えてないどころか、カコカノはたくさんいすぎて、あなたは誰? 顔を見せて、になるのでした。

limeさんのこのコメントを読ませてもらって、私も考えました。
漫画や小説に出てくる、女に卑猥な台詞を言わせたがる男……ありますよね。私もなにかで読んだことはあります。

私の場合はその台詞によるかもしれません。
ものすごくいやな単語、いやな言い方っていうのがありますので、そっち方面ではなくてもそういう言葉はいやです。

ですから、そのあたりはlimeさんとはちょっとちがうかも。
人を辱めて……んんと、人前で……んんと、以下、自粛しておきます。
あせっ。v-35
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【いろはの「た」part2】へ
  • 【FSソングライティング物語「No Matter What」】へ