番外編

FS超ショートストーリィ・全員「四季の宴(うたげ)」

 ←いろはの「わ」part2 →FS「Velvet voice」
フォレストシンガーズ

超ショートストーリィ・四季のうた

「四季の宴」

1・正月

 家族が集ってお屠蘇を酌み交わし、明けましておめでとう、と言い合った遠い日。
 子どもたちはお年玉をもらい。クリスマスから間もないのにまたもらえるよ、と妹たちと喜んだ。
 母がつくったおせちを食べ、お雑煮も食べ、みんなでわいわいとテレビを観た幼い日。

 幸生が幼かったころには、お正月には休んでいる店も多かった。幸生の一家は早くから初詣にいく習慣はなかったし、お客が来るにしても三が日は避けていたようで、少なくとも幸生が小学生の間くらいまでは、家族だけのお正月だった。

 あれは生まれてはじめての「宴」。

 大人になって友達や仲間たちと新年会なるものをやるようになり、帰省は面倒に思えて、お正月だからといっても親に会うこともほとんどない。妹たちは結婚して子持ちになったのだから、夫と息子を連れて帰省しているのだろうか。

 そしたら賑やかだよな。俺まで混ざる必要もないよな。
 いい口実にしていっそう行かない。もしかしたら妹たちだって「嫁」の立場なのだから、夫の実家に帰省しているのかもいれないが。そしたら親は寂しいのかもしれないが。

 ごめんな、父ちゃん、母ちゃん、俺は寂しくないよ。
 でも、こうやって仲間たちと酒を飲んでると、生まれてはじめて飲んだお屠蘇ってやつの味を思い出すんだ。


2・お花見 

 春の宴はなんといっても花見だ。
 両親が酒屋を経営していたので、花見どきといえばかきいれどき。律儀な両親は自分たちが楽しむのではなくて商売をしようとした。

 よって、本庄家が一家そろって花見をした記憶はない。

 ああ、綺麗だなぁ。
 今日はフォレストシンガーズの全員で花見なんだ。桜って綺麗だよな。はかなくも美しく、時として妖艶で……って乾さんが言ってたけど、本当にそうだね。

 けれど、俺はやっぱりこっちのほうが……。
 美江子さんが用意してくれた花見弁当と、酒。花見の主役はこれだよね。繁之はいそいそと、弁当の包みを開いた。


3・夏の海

 夏の夜にはバーベキューパーティ、飲み物はなんたってビール!!
 あとは夏なんだから、水着姿の女の子たち。それだけそろえば日ごろの憂いも憂さも吹っ飛ばせる。

 夜空にどーんと花火が上がり、女の子たちの嬌声がパーティを嫌が応にも盛り上げる。
 飲んで食ってお開きになったら、どの子をお持ち帰りしようかな。
 章としてはバーベキューよりもそっちのほうへの関心が強いのであった。


4・俳句の会

 五人で和服をまとい、正座をして短冊を持ち、それぞれに一句詠む。
 PVのそのシーンがファンには思いのほか好評だったのだそうで、隆也が提案した。

「秋のパーティは句会だな」
「……はんたーい」
「だから、俺は短すぎるポエムは苦手なんですってば」
「俺は長くても短くても詩のたぐいは書けません」

 後輩たちは反対したが、新しいPVに収録すると社長も言っていたのだから、リーダーの真次郎までが異を唱えるわけにもいかない。真次郎だって嫌なのはやまやまなれど、ファンに受けるのならばやるしかないのである。

「シゲ、句会のあとは飲み会だからな、がんばろう」
「はい、がんばります」

 和服も正座も苦手だし、一句ひねるなんてさらに苦手だが、真次郎もこのあとの酒と、秋のごちそうを楽しみにがんばろうと心に誓った。


5・クリスマス

 男ばかりでクリスマスパーティなんて侘しすぎるから、隆也はひとりでシャンパンを開ける。恋人もいない聖夜ならば、仲間たちと飲むよりもひとりのほうがいい。

「……クリスマスイヴって、仕事が入っているほうがいいな」

 ひとりごちて、窓を細く開けて外を見る。
 雪でもちらつかないかと期待したのだが、外は無機質な都会の夜が広がっているばかり。

 しかし、ま、今年も平和にすぎていこうとしているんだから、ハッピィじゃないか。
 
「ひとりぼっちのクリスマスイヴ
 凍えそうなサイレントナイト、ここからどこへ行こう……」

 寂しい歌が口をついて出てくるけれど、ひとりぼっちの聖夜の宴も悪いものではない。
 この世のすべてのひとたちに……特に、フォレストシンガーズファンのあなたに、メリークリスマス!!

END









スポンサーサイト


  • 【いろはの「わ」part2】へ
  • 【FS「Velvet voice」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

こう見ると日本って宴の機会結構あるんですね♪
お花見行きたいなー花粉症だけど(
美江子さんのお弁当食べたい♪そしてシゲちゃんの句聞いてみたいです(笑)
どんな句を詠むんだろう(笑)
いいなぁ楽しそうです。

たおるさんへ

いつもありがとうございます。

敢えて、どこにでもありそうな「宴」を取り上げてみました。
句会だけはちょっとちがうかもしれませんね。

たおるさん、花粉症ですか?
これからの季節はものすごく大変ですね。
私は今のところは大丈夫ですが、いつなるか恐怖です。

シゲの句……。

「花見ても、紅葉を見ても、腹減った」
とか……です、きっと。
わはは(^o^)

NoTitle

それぞれの季節と、それぞれの宴ですね。
・・・って、やっぱりみんな酒好きなのですよね。(飲み食い好きw)

なんか、「〇月は○○で酒が飲めるぞ~」って言う、あの歌が聞こえて来そう(笑)

でもやっぱり一番酒好きなのはシゲちゃんですよね。
章は酒より女の子・・・か?

ああでも乾くんだけは、ワイワイではなくて、1人静かにグラスを傾けるのが似合ってます。
女と過ごすイブなんて乾君には似合わない(ただの願望w)

limeさんへ

いつもありがとうございます。

フォレストシンガーズの五人は全員、お酒は好きで甘いものが嫌いです。これ、私の変な偏見のせいなのです。シゲがいちばんお酒には強く、章がいちばん弱い……そのかわり、章がいちばん女好き、とね。

いや、幸生も相当なものです。シゲだってほんとは女性がとっても好きです。

女好きに関しましても、男は女が好きなのが当然、だと思っていますが、最近の若者はそうでもないんですよねぇ。日本人はどこへ向かって進んでいるのでしょ?

酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ、って歌ですね。
一月は正月で酒が飲めるぞ、でしたっけ?

フォレストシンガーズの誰かが女とすごしたクリスマスイヴ、思い出せば書いたことはあるのですが、うん、そうですよね、隆也は孤高のクリスマスイヴのほうが似合いますよね。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【いろはの「わ」part2】へ
  • 【FS「Velvet voice」】へ