ショートストーリィ

Candy Dreams/limeさんのイラストによせて

 ←貴志駅のたまちゃんに捧ぐ →FS形容詞物語「儚い」
amelime.jpg

Door」のlimeさんのイラストです。

「Candy Dreams」

へぇ、こんな仕事があるんだ。

旅行先で見つけた工房に興味を持って入ってみたのが運のつき?

運のつきなのか、天職を見つけたのか、今はまだわからないけど。

「あれ?」

たくさんの飴の中に、小さな女の子がいた。
え? 女の子? 飴の妖精?
雨の精だったらメルヘンの中にいたような気もするが、飴の精?

そぉっと触れようとしたら、彼女は可愛い声で笑った。
妖精は喋らないのかな?

「あなたは……私に教えにきてくれたの?
 そうだよ、天職だよって。

 うん、きっとそうだよね。
 この飴たちをプラスチックでコーティングしてアクセサリーにするの。

 まだ有名ってほどでもないけど、だんだん流行ってきてるんだよ。
 お客さんも増えてきてるの。

 私は見習いだから、修行中の身なんだけどね。
 あなたが励ましにきてくれたんだから、うん、本気でがんばる!!
 え?
 今までは本気じゃなかったのかって?

 ……そうだったのかもしれない。
 これからは本気でがんばるから、妖精さん、応援していてね」

口はきけないのかきかないのか、返事はなかったけれど、私は勝手に決めた。

真夜中にたったひとり、練習をしていた私を応援しにきてくれた、飴の妖精さん。
私、以前はイラストを描いていたの。
だから、あなたのイメージはしっかり頭に残しておくね。

一人前になったあかつきにはあなたの絵を描いて、うちの工房のトレードマークにしてもらおう。
京都本店のシンボルにまで、なったらいいな。

END


近頃京都ですこし注目を浴びているそうな、飴アクセサリー。
私もひとつ買いました。

写真はこちらにあります。

limeさんのイラストを見せてもらって、あ、あれだ、と。

で、こんなストーリィを書きました。
limeさん、いつもありがとうございます。







スポンサーサイト


  • 【貴志駅のたまちゃんに捧ぐ】へ
  • 【FS形容詞物語「儚い」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

わ~♪

飴アクセサリーって言うのがあるんですか!!
本物の飴で? ・・・って、そこに驚いてしまいました。

そんなお店にだったら、こんな飴の妖精がたくさんいるのかもしれませんね。
いや、いてほしい。
触れようとしたら笑うなんて、なんかかわいい^^
ぜったい数匹はお持ち帰りされてるでしょうね(なんという・・・)

この彼女も、ここならいい仕事ができそう^^
私も飴のアクセサリーほしいなあ~。

あかねさん、絵を使ってくださってありがとうございます!
さっそくリンクさせていただきますね。^^

こんばんは~(^0^*)ノ

来ちゃいました~~~!!(笑)
コメントを頂き、どうもありがとうございましたm(^v^*)mv-238
とっても嬉しかったです!!!!!

うおお!!知りませんでした~~!!!!!
そんなアクセサリーがあったんですね!!!!!
ついついググっちゃいましたけど
めっちゃ可愛いじゃないですかーーー!!!
こんぺいとうのピアスとか娘たちに買ってあげたい!!!

そして、あの女の子は飴の妖精さんなんですね~(^^*)v-238
ホント!!!あの可愛い飴のアクセサリーにピッタリ!!
ステキ!!!!!
修行中の女の子の後押しをする
可愛い飴の妖精さん・・・・・・・
心の中にあったかい消えない灯りを灯し続けてくれそうですね(^v^*)

limeさんへ

お読みいただいて、リンクもしてもらってありがとうございます。
本物の飴をプラスチックコーティングして、いろんなアクセサリーを作るのですよ。中身は本物の飴です。

新京極の商店街に入っていって狭い路地をくぐっていったところに、飴アクセサリーの看板が立っています。

飴は愛知県などでも作っているのだそうで、工房もあちこちにあるのかもしれませんね。

その中にはlimeさんの描かれたこんな可愛い女の子妖精が飛び回っていたりして……妖精目当てのお客さんがやってきそうですね。

かじぺたさんへ

いらっしゃいませ。
私のほうこそ、来ていただいて嬉しいです。ありがとうございます。

飴アクセサリーにもいろんな種類がありますし、若いお嬢さんだったらピアスなんか、可愛いでしょうね。おばさんには身に着ける飴アクセサリーは可愛らしすぎて、スマホにつけるのを買いましたが。

この主人公はイラストレーターとしてはもうひとつで転職したくて、飴アクセサリーの工房に入れてもらったものの、うーん、これでいいんだろうか、と悩んでいたのですよね。

そこにlimeさんのイラストから出てきた妖精が励ましにきてくれた。
limeさんのイラストを見せてもらったときに、そんなイメージが浮かんだのです。

かじぺたさんの描かれたストーリィもとっても素敵でした。
私もまたお邪魔しますので、かじぺたさんもいらして下さいませね。

この飴のアクセサリー、見たことがあります。
でもホンモノが入っていたとは知りませんでした。
面白いですね~。
そんな素敵な飴アクセサリーを題材にして、イラストと素敵なコラボ作品になっていて楽しみました。
そうそう、この子って、何か話かてくるようには見えないんですよね。黙ってじっと見つめてくる感じ。そして主人公は自分で自分の道を開いていく、そのイメージがとてもイラストの印象に合っていました(^^)

あ、よろしかったらオリキャラオフ会にも参加してくださいね(^^)
あ、でもあかねさんはお忙しいかなぁ。でもよろしかったら、遊びに来てくださいね!

大海彩洋さんへ

コメントありがとうございます。

新京極のお店に行ったときにはお客さんが少なくて、そうなんですよぉ、本物です、だとか、愛知県の飴も使っています、などとのお話をしてもらえました。
なんだか食べたくなってしまいますよね。

このお話を書きはじめたとき、「僕は」と書きかけてふと手が止まり、ちがうちがう、主人公は女の子だ、と感じたのでした。

limeさんのこのイラスト、このちっちゃな飴娘の目は雄弁になにかを語っていますよね。口じゃなく瞳が語る飴娘。←五七五。

オリキャラオフ会って、どなたが主催しておられるのですか?
大海さんのサイトではありませんよね?
そういうことをどこぞでやっておられるとは、limeさんのサイトなどでも見たのですけど、もひとつよくわかっていなくて。

私は別に忙しくはないのですが、私があまり関わっていない方が主催しておられるのだったら、ちょっと入っていきにくいかな、と。

あ。

あかねさん、オリキャラオフ会は今回完全に大海さん主催で、言いだしっぺはマコト猫くんなので、大丈夫ですよ。
参加キャラ全員と絡まなくてもいいし、すれ違うだけでも良いし、気軽に参加されてみてはどうでしょう^^
http://oomisayo.blog.fc2.com/blog-entry-611.html
牧場で数日間、働かなきゃいけないですけど^^
そのあとはお祭りですって。

limeさんへ

教えていただいてありがとうございます。
ちょぴっと覗きにいってきました。

マコトちゃんが提案してくれたのですね。
わーい、マコト~遊びましょっ、と幸生が言っていますが。

ユキ、北海道に行く?
しばし相談してみます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【貴志駅のたまちゃんに捧ぐ】へ
  • 【FS形容詞物語「儚い」】へ