いただきました

CHANDRA&KYOKO by たおるさん

 ←FS「リャノーンシー」 →3000コメント御礼!!!
chandrakyoko.jpg

このイラストから。

このストーリィができまして。

そして、このイラストもできました。

イラストは「白蓮」のたおるさん
文章はあかねです。

では、もう一度、このイラストにあのストーリィを。

「テレパシスト」

「……こんなところでなにをしてるの、忠? 今日は暇があるって言ってたから、デートしようって約束したんじゃなかったの? 私ははっきり言ったわけじゃないから……だけど、いくら忠だってあれで気づくと思ってた。私は約束したつもりだったのに……なにやってんのよ? 忠、あんた、実はホモ? あんなふうにあんたに似た男の恋人がいるの? そっちとデートしてるの?」

 ぶつぶつぶつぶつ言っているのは、黒髪で強い目力を持つエキゾチックな美人だ。背が高くてグラマラスで、恭子には南米の女性なのかと思える。ぶつぶつ言っている言葉は日本語だから、外国語教室の先生だったりするのだろうか。

「あの、あのぉ……」
「はい?」
「すみません。あの方、忠さんっておっしゃるんですね。私は忠さんと一緒に桜を見ている男性の妻で、本庄恭子と申します。日本語はおわかりになるんですよね?」
「ええ、日本語は得意です」
「たしかに忠さんとうちの夫は似た感じですよね。なんか、性格も似た感じですね」
「……あなた、テレパシスト?」
「はぁ?」

 鋭い目で恭子を見下ろした女性は、ほっと小さく息をついて続けた。

「私はチャンドラっていうの。どこの国の人間かなんてことは気にしないで。日本語は理解できるから大丈夫よ。あの男性、本庄さんっていうのね?」
「ええ。私の夫ですから……子どももいますから」
「どういう意味で言ってらっしゃるのかしら? ホモ……そんなんじゃないって? 恭子さん、あなたは私の心を読んだの? 超能力者?」
「……いえ……」

 迫られているというか、つかみかかられそうな勢いだったので、恭子は後ずさりした。

「チャンドラさん、口に出して言ってらしたじゃありませんか。小さい声だったけど、デートしようって約束したつもりだったのに、とか、忠って名前とか、似た男とデートしてるの? ホモだったの? みたいに……」
「あらっ!!」

 美人は自らの口を自らの手で押さえ、あら、口に出してた? と照れ笑いした。

「そうだったのね。あなたが超能力者なんだったらスカウトしたいと……ううん、なんでもないの。えーっと……そう? 本庄さんって性格も忠に似てるの?」
「そのように思いますけど……うちの夫もね」

 こんなことを言ったら失礼かも、と感じながらも、恭子は言った。

「鈍感なんですよね。私は夫とは同じ仕事をしていて知り合ったんですけど、好きになったのは私からで、でも、シゲちゃんはちっとも気がついていないみたいだから、私のほうから告白しようとして……そこでやっと気がついてくれたんです。先に俺に言わせて、好きだ、ってやっと言ってくれました」
「それだったら鈍感でもないわよ。いいなぁ、うらやましいわ。恭子さん、私の話を聞いてくれる?」
「私でよかったら……」

 むこうではチャンドラの仕事仲間であり、チャンドラがほのかに思いを寄せているのにはまるっきり気づいていないらしい男と、恭子の夫が桜を指さしてなにやら話している。こっちではチャンドラが、忠ったらこうなのよ、と恭子に打ち明ける。

 わかりすぎるほどにわかるチャンドラの愚痴を聞いて、恭子はため息をこぼした。

「それはもう、チャンドラさん、はっきり言わなくちゃ」
「いや、そんなのいや」
「言いたくない? ブライトが許さない? それとも、恥ずかしくて言えない?」
「うーん……どうなんだろ」

 低い声の男たちの会話は聞こえないが、女たちの声は高くてむこうに届いたのだろう。繁之がこちらを見て笑みを浮かべ、かたわらの忠をつついた。つつかれて忠も気づいたようで、男たちが立ち上がって手を振る。恭子も手を振り返す。

 チャンドラは、と見ると、なんともいえない複雑な表情で腕組みをして、まったくもう、もうもうもうっ、とでも言いたげに、恭子に目配せをしていた。

END

たおるさん、ほんとにいつもありがとうございます。
美人のチャンドラさんと、可愛いママの恭子。

桜の下でのほほんの忠&シゲの近くで、こっちはちょっとピリピリしていたりして。
「らしい」ですよね。
ふふふ
↑いろいろ想像中です。
















スポンサーサイト


  • 【FS「リャノーンシー」】へ
  • 【3000コメント御礼!!!】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

ありがとうございます!
おおう…自分の絵が出るのはやっぱり恥ずかしいですね(^_^;)

もう一度「テレパシスト」読ませてもらって、また笑いました(笑)
って忠、デートすっぽかしちゃ駄目でしょ(笑)まあ忠のことだからデートとか思ってないってのは当たってそうですが(笑)

チャンドラは今までモテてきた設定なので、自分から告白とか恥ずかしすぎて出来ないんですよ…。一応チャンドラなりに告白めいたことはしてきてるつもりなのですが、全部梨の礫といいますか、伝わっているのかいないのか分からないといいますか(^_^;)
忠はシゲちゃんより強敵かもしれません(^_^;)

ショートストーリーありがとうございましたーヽ(=´▽`=)ノまた突然何か描かせてもらうかもしれません!あかねさんも何かあったら気軽に言って下さいね(*´∀`)

たおるさんへ

コメントありがとうございます。

恥ずかしいとおっしゃる気持ちはわかりますが、素敵ですよぉ。
たおるさん、どんどんイラストが上達しておられますよね。
私が上達なんていうと生意気ですが、描いてもらうたびにそう思います。

ふむふむ、やっぱり。
忠くんって頭はいいのに、頭脳の中に「恋愛中枢」とかいうものがないんでしょうね。

http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-534.html

こんなのがあります。
この「恋愛成績表」のサイトはここ。

http://hanihoh.com/love2/

今でもこちらはあるようですので、ぜひ忠くんでやってみて下さいな。
シゲは「ゴキブリ」ですから、忠くんだと……なんだろ。ゴキブリ以下はなかったようにも思いますが。

私もこのチャンドラさんと恭子のイラストをじーっくり眺めて、なにか浮かんだらまたストーリィにします。
たおるさんもまた、描いて、または書いて下さいね。
楽しみに待っています。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【FS「リャノーンシー」】へ
  • 【3000コメント御礼!!!】へ