ショートストーリィ(FSいろは物語)

いろはの「ふ」

 ←番外編106 「Residence hydrangea」 →108「恋愛冷凍庫」
フォレストシンガーズ

いろはの「ふ」

「ふるさとの話をしよう」

 もとの仲間たち、フォレストシンガーズのみんなはステージで歌って自分を語るってところがある。実は俺にも、「ヒデさん、ソロライヴやりません?」って話はあるんだよ。

 もちろん小さいライヴハウスで、お客だってご奇特な方が何十人か来て下さるって規模なんだろうけど、きっと人が入ってくれるって言われるんだ。
 まあ、俺は作曲をするから、フォレストシンガーズのアルバムにも曲を提供させてもらっている。乾さんが俺の書いた曲を買ってくれているからね。

 最近はどこからかつてをたどって、俺に曲を書いてくれって頼んでくるシンガーやら、芸能事務所やらもあるんだよ。テレビドラマの主題歌、CMソング、ラジオのテーマソング、売れない、自分では歌を書けない歌手のアルバムの一曲、そういうのを作って臨時収入を得させてもらった。

 だけど、俺の本職は電気屋だ。ソロライヴだなんてこっ恥ずかしくて、どんな顔をして歌えっていうんだよ。
 このブログにも、ヒデさんの歌が聴きたいって書き込みをしてくれる方がいるんだよね。俺はコメントに返事をしない主義で失礼させてもらってるけど、いつもありがたく読んでます。感謝してます。

 昔の俺は、そりゃあ歌はうまいほうだったよ。シゲに言わせると。
「乾さんと本橋さんは歌の天才、ヒデは秀才、幸生は天才の卵、俺は凡才だよ」
 だったんだ。章は? あいつが大学を中退した時期の会話だから、章は身近にいなかったころだよ。

 何度もブログに書いてる通り、フォレストシンガーズを脱退して私生活でなんだかんだとあって、放浪の旅をしている間に荒んじまって、声も荒れたんだね。
 若いころには章に近いほどのハイトーンヴォイスが出せた。章とはちがってややハスキーな声質だったから、おもむきの異なるハーモニーだったんだよ、フォレストシンガーズは。

 そんな声が荒れたから、ハスキーなところばかりが強調されちまったかな。完全に歌から遠ざかっていた時期と比較すれば、歌は下手ってほどでもなくなった。さすがに素敵……なんて、褒めてくれる女性もいるよ。歌うのがいやってわけでもなくなった。

 でも、やっぱりステージなんてこっ恥ずかしい。
 歌手を志していた奴は、大学には他にも何人もいた。その中で有名になったのは、七人だね。名前を出さなくても、俺のブログを読んでくれてる方なら知ってるでしょ。

 ステージでスポットライトを浴びたいと熱望して、かなわなかった男。そうなれたかもしれない境遇から自ら降りて、自分で決めたことなのに愚痴ぐちぼやいていた男。そんな男から見れば、夢をかなえてスター街道驀進中のフォレストシンガーズはまぶしいよ。

 スター街道って大げさかな? シゲがまぶしいって、笑っちゃうけどね。
 ともあれ、だからね、俺のステージはこのブログなんだ。いやぁ、かっこつけちゃったかな。かっこつけるってけっこう快感なんだよね。


「砂山に さわぐ潮風
 かつお舟 はいる浜辺の
 夕焼けが 海をいろどる
 きみの知らない ぼくのふるさと
 ふるさとの はなしをしよう

 鳴る花火 ならぶ夜店に
 縁日の まちのともしび
 下町の 夜が匂うよ
 きみが生まれた きみのふるさと
 ふるさとの はなしをしよう

 今頃は 丘の畑に
 桃の実が 赤くなるころ
 遠い日の 夢の数々
 ぼくは知りたい きみのふるさと
 ふるさとの はなしをしよう」

 なんて言ってるくせして、ブログの中でも歌えるんやで、と俺のパソコンの先生が教えてくれたから、ちょっとやってみました。ヒデさんの歌が聴きたいと言ってくれた方々に捧げます。感想なんかくれなくていいからね。

 これは俺の書いた曲ではなくて、古い歌謡曲だ。
「ふるさとのはなしをしよう」。ひとつひとつの歌詞が、高知県出身の俺にはマッチしてるんだ。彼女のほうは都会の出身かな? それも合ってる。

 いやいやいや、突っ込みはなしで、よろしく。

 ゆっくりゆっくりちょっとずつ、俺は俺のステージで故郷の話をするよ。三十四年前、高知市のど真ん中で生まれた小笠原英彦の昔話を、読むというよりも聞いて下さい。

 三十四年前の三月に、俺は生まれた。桂浜で産湯をつかい……って、古臭い言い回しだな。俺はけっこう古い男だから、まだ若いつもりだけどガキのころから根っこのところが古いから、こうなっちまうんだよ。古いのには目をつぶって、じっくりつきあってやって下さいね。

END






 
スポンサーサイト



【番外編106 「Residence hydrangea」】へ  【108「恋愛冷凍庫」】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

相変わらずの

ヒデさんに、今でもソロライブを企画してくれる人たちがいるって、うれしいですね。
でもやっぱりちょっと、今でもかっこつけなところは変わってないですね(笑)
謙遜してるようで、じつはそうじゃない感じ。

あ。ブログで歌ってるのですね。
この歌は知らないのですが、昔流行った歌なのでしょうか。
そうか…こうやって歌を聴いてもらってるんですね。
でも、ブログを大事に思ってると言っておきながら、コメ返もしないところが、やはり彼らしい。
芸能人のブログって、コメ返がない物がほとんどではあるけど・・・ヒデさんは芸能人ではないのにね^^;

まだどこか中途半端な憧れや見栄を持ってるのが、彼らしい。
他の5人みたいに、好きにはなれないけど、彼は彼で、幸せになってほしいなあと願います。

limeさんへ

いつもありがとうございます。
この歌は北原健二という歌手のヒット曲ですね。かなり古いので、私も聴いたことはあるかな、程度です。

ヒデはかっこつけで、謙遜してるふりをして自慢してて、やな奴ですよねぇ。
ソロライヴはフォレストシンガーズの事務所の社長が、どう? って勧めるのです。

コメントの返事につきましては、ヒデは変なコメントをつけてきた人と喧嘩するんですよね。
それで、パソコンの先生である新之助に「ほんなら返事するのやめとき」と言われたのでした。

時々、ブログは自分のためにやってるんだから、返事はしません、悪しからず、って方もいらっしゃいますが、あんまり感じはよくないですよね。
そのくせヒデも、コメントはもらいたがるのです。

フォレストシンガーズストーリィはヒデ三十四歳時点で時を止めてるんですけど、いよいよネタがなくなってきたら、未来ストーリィもアップする予定でいます。
ヒデが幸せに……なれるといいなぁ、遠い目。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【番外編106 「Residence hydrangea」】へ
  • 【108「恋愛冷凍庫」】へ