forestsingers

FS俳句・短歌・超ショートストーリィ2015/1

 ←107「未練」 →ガラスの靴33
まえがき

2013年、2014年とforestsingersカテゴリでは、フォレストシンガーズの誰か、もしくは彼らと関わりのある誰かの月々のストーリィをアップしてまいりました。

本年。2015年はやや趣向を変えまして、その月を詠んだ短歌か俳句を主題にした超ショートストーリィを書く予定です。たまに歌詞、詩も混ざるかもしれません。

この分野は乾隆也の独壇場ですので、たいていの月に彼が登場します。

とてもとても短くて、物語というほどではありませんが、息抜きにでも、ちょっとだけ立ち寄っていって下さいませね。


2015/1 超ショートストーリィ

「去年の夢 さめて今年のうつつかな」正岡子規

 旧年中の煩悩も夢も打ち捨てて、新しい年には新しい志を抱く。
 それが若者だ。

 うつつは侘しいなんて言ってないで、心新たに新しい年を生きる。
 それが若者でしょう?

 ねぇ、正岡子規先生。あなたがどんな気持ちでこの俳句を詠んだのか、後年の人間はさまざまに解釈していますが、俺は俺なりにこう受け取りますよ。

 古い夢からさめても、新しい夢に……否、夢ではなく理想、希望、青雲の志、悲願。そんなものを胸いっぱいに抱いて、俺は歩き出す。今年こそ、今年こそ。
 そうだ、今年こそフォレストシンガーズがデビューするんだ!!

では、卒爾ながら、お粗末ながら俺も一句。

「初夢や さめても思いを新たにし」乾隆也

TAKAYA/24歳の新春に







スポンサーサイト



【107「未練」】へ  【ガラスの靴33】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

新しい短歌のコーナーですね。
乾君が仕切るwということで、とても楽しみ。
私はどうも俳句や川柳や短歌と言った、定型文に感情を収めるのが苦手で。
きっとイラチなんでしょうね。
ここは乾君に、その穏やかな精神も学んでしまおうと思います。
これはデビューの年の一句なんですね。
乾君らしい前向きさが、いいです。
頑張れ、若者。

limeさんへ

こんばんは、limeさん。乾です。
若かったころの俺にエールを下さってありがとうございます。
がんばれ、若造!! っていうCMもありましたね。
あの若造役の役者さんは、スターになったなぁ。
我々もスターになれるようにがんばります。

俺は万葉集が専門でして、かなり勉強しているのですが、その代弁者たる著者は半端ですから、じれったいんですけどね。
著者も相当なイラチですが、最近はむしろ短編のほうが早く結論が出せていいかも、なんてほざいております。
えーと、そもそも……

饒舌な乾隆也に喋らせておくといつまでも続きそうですので、ここからあかねです。
私も一応は短歌を一口だけかじったのですが、三十一文字ですべてをあらわすって至難の業ですよね。あれはもしかしたら、ばっさばっさと枝葉を切り捨てる植木屋さんのようなものなのだろうか。

と、私もまたよけいなことを書いてますね。
この半年後くらいに、フォレストシンガーズのデビューが決まる年の隆也でした。

NoTitle

おおお。乾さんの独壇場がここに。
デビューする! で、デビューした! 有言実行ですね。

話の上手乾さんは、事を短くまとめるのも上手なのですね。さすが。
これからの乾さんピックが楽しみです^^

けいさんへ

こちらも読んでいただいて、ありがとうございます。

「俺はほんとは俳句だって詩だって、もうちょっとまともなものが書けるんですよ。
でも、この著者が書くとこれですからね。お粗末以下だろ」

と隆也が怒ってますが、どういうわけだか彼が詠んだそのまんまの俳句を文字にできなくて、ブログにアップすると変換されてしまうのです。
なぜなんでしょうねv-12

話の上手な乾さん……けいさんにそう言っていただくと、そうなのかもしれないと思えてきました。
二年間ほどは俳句、短歌シリーズを続ける予定ですので、よろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【107「未練」】へ
  • 【ガラスの靴33】へ