ショートストーリィ(FSいろは物語)

いろはの「お」

 ←FS続・四季の歌「四季の雨」 →ガラスの靴30
フォレストシンガーズ

「男の純情」

 うちの息子と実松家の娘は、母親に抱かれて女湯に連れられていった。女湯へは実松の妻、ひとみさん、俺の幼なじみで、ヒデや実松とは大学時代からの友人、俺とはいまや家族ぐるみのつきあいをしている瀬戸内泉水、それから、俺の妻の恭子の三人が連れ立っていった。

「広大はええなぁ」
「ヒデ、おまえ、なに考えとんじゃ」
「いやぁ……いやいや、嘘嘘」

 二歳児の広大、俺の息子がいいなぁと言うヒデの台詞は? つまり、男なのに女湯に入れていいなぁ、なのか。アホか、と実松が呆れ顔で言い返すのに、俺も同感だ。

 嘘嘘、と笑ってごまかして、ヒデは湯の中で鼻歌を歌っている。こっちは男三人、俺は普段は息子と風呂に入るのが楽しみなのだが、たまにはこうして同い年の男ばかりで広い温泉につかるのもいい。

 大学時代の親友三人組は、ヒデがいなくなってしまってからはそろうことがなくなっていた。実松はサラリーマン、俺はフォレストシンガーズの一員として生活しているから、境遇がかなりかけ離れていて、実松とも会う機会は少なくなっていた。

 フォレストシンガーズを脱退して結婚したヒデは、妻と娘と別れて放浪暮らしをしていたのだそうだ。最近、ヒデとめぐり会ってぽつぽつと行方不明になっていた時代の話を聞いた。現在のヒデは神戸で電気屋に勤め、まっとうな生活を送っている。

 久しぶりで三人で旅行でもしようか、と言い出したのは実松で、そうなるとせっかくなんだから、妻子も連れていきたいよな、となるのは当然だ。実松にはひとり娘のかよ乃ちゃんが、俺にはひとり息子の広大がいる。

 俺はひとりもんやのに、と文句を言っていたヒデが泉水を誘い、知らないひとが見れば、子持ち夫婦と子どもなし夫婦の合同旅行のような一行となったが、ヒデと泉水は単なる友達だ。けれど、大人の男女の数も、子どもの男女の数も同数になっておさまりのよいグループとなった。

 行く先は仙台。城の好きな俺は青葉城の見えるあたりで広大に「青葉城恋歌」を歌って聞かせ、過去の仙台旅行を思い出していた。
 昼間は泉水が、かよ乃ちゃんと広大、将来は結婚する? などと言い出し、いややいやや、と実松がふざけ半分で拒絶反応を起こしたりもしていた。
 そしてそして、恭子が第二子を妊娠したと発表もした。

 なんやかんやと賑やかな一行は、今夜は仙台の旅館に泊まる。おまえら、夫婦で入らんのか? とヒデは言っていたが、男女に分かれて入浴となったのだった。

「ああ、ええ気持ちやな」
「うん、気持ちええな」

 知り合ったのは東京の大学だが、ヒデは高知、実松は大阪、俺は三重と、三人ともに西の出身だ。そのせいもあって、合唱部のアホトリオと呼ばれていた。実松は東京の大学生になっても、東京で就職しても、東京の女性と結婚しても大阪弁を貫き通している。

 職業柄もあって俺は標準語だが、神戸在住のヒデは関西弁に土佐弁と標準語が混ざった言葉遣いで、実松といると徐々に大阪弁にもなってきていた。

「ヒデ、歌えや」
「実松が歌え」
「ここにプロがおんのに?」
「プロが歌うなんて当たり前すぎてつまらんやろ」
「それもそうやな」

 その昔は三人ともに歌手になりたかった男たちだ。実松は早々と夢に見切りをつけ、ヒデは中途で挫折し、歌手になる? なんてことにもっとも実感が薄かった俺ひとりが、プロのシンガーズの一員となった。

「うん、俺が歌おうか」
「お、シゲ、ただで歌うんか?」
「当然だろ。おまえたちからギャラなんかもらわないよ」

 ジョークに真面目に切り返し、俺は歌う。この歌ってなんとなく、俺のテーマソングみたいだな、と思った歌だ。フォレストシンガーズはR&Bやソウル系ラヴソングがメインなのだが、男三人で温泉に浸かっている今は、演歌のほうがしっくりきそうで。


「男いのちの 純情は 
  燃えてかがやく 金の星 
  夜の都の 大空に 
  曇る涙を 誰が知ろ

 影はやくざに やつれても 
  訊いてくれるな この胸を 
  所詮男の ゆく道は 
  なんで女が 知るものか

 暗い夜空が 明けたなら 
  若いみどりの 朝風に 
  金もいらなきゃ 名もいらぬ 
  愛の古巣へ 帰ろうよ」

 俺はやくざじゃないし、妻がいるのだから、男のゆく道は女なんかにわからない、とかっこつけるつもりもないけれど、若いときに知ったらもっとしみてたかもなぁ、とも思う。
 湯に浸り、歌にも浸り、純情なんておまえたちにもあるのか? なさそうに見えても男だもんな、あるんだよな、と、ヒデと実松に心で問いかけてもいた。

SHIGE/32歳/END







スポンサーサイト



【FS続・四季の歌「四季の雨」】へ  【ガラスの靴30】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【FS続・四季の歌「四季の雨」】へ
  • 【ガラスの靴30】へ