お遊び篇

バトン・最愛オリキャラ・もうひとりの本命

 ←91「ウィスキーロック」 →グラブダブドリブ・ボビー「Nothing in particular」
ds.jpg
イラスト・沙羅さん

もうひとり、本命がいます。
ほとんど知って下さっている方はいないはずですが、書きたいので書きます。

1.あなたの中で最愛のオリキャラを教えて下さい。性別と年齢、身長などもどうぞ!(複数可)

ディーン・ナイジェル・ロッカート。男性。

1984年生まれ。
2013年現在、29歳。

今、この設定を見るときわめて普通なのですが、この小説を書きはじめたのは20世紀のことでした。すなわち、近未来小説です。
あのころ、スマホなんてものを発想できませんでしたね。無線電話を庭に持ち出して通話をしている、なんてシーンを書いた記憶があります。

イギリス人、185センチ、スリムでノーブルな雰囲気も持つ、絶世の美青年です。
中根悠介の前に生まれてきた彼にも、私は一時恋をしていました。

2.そのキャラの性格的な特徴などを教えて下さい

本人がいやになるほどに女にもてるのですが、女好きのディーンはいやにはなりません。
口がうまくて愛想がよくて、外見的な要素によって人に舐められる傾向があるものの、どこかしら硬派なところもあります。かと思えば相当に軟派なところもあります。

僕のこの顔は自分で作ったものではない。
美貌なんて生まれついてのものなのだから、僕だって他の誰かだって、他人に誇れるものではないんだよ。そんなものに値打はありゃしないのさ。

美貌の持ち主だからこそ口にできる、イヤミな持論の持ち主です。

3.そのキャラの血液型を教えて下さい

知りません。

4.そのキャラができた過程は?

J・G・バラードのニューウェーブSF小説「ヴァーミリオン・サンズ」
この国名がいたく気に入った私は、私の「ヴァーミリオン・サンズ」を創造したくなりました。

二十一世紀初頭に建国された、芸術家の国。
南欧あたりにある冬のない国。
世界中から移民を募り、新しい国を作っていく。

その国に日本から本村梢子(モトムラ・ショーコ)という小説家が渡り住む。
彼女がヴァーミリオン・サンズで出会ったふたりの男。
かたやバート、かたやディーン。
というふうにしてディーンが生まれました。

5.そのキャラの妄想段階と完成段階で大きく異なった点はありますか?

このタイプは一方で私の大好きなキャラですので、最初からこんなひとでした。

6.あなたにとってそのオリキャラが最愛である理由は?

現実にこんな男がそばにいると癪に障りそうですが、フィクションのキャラとしては私にとって、このタイプが最愛みたいです。

7.そのキャラで気をつけている点はありますか?(幅広く)

外見は女性的なまでに優美なのですが、中身には硬骨な部分がある。そういうところをさりげなく出したくて。

8.そのキャラの好きな食べ物、普段の趣味は何ですか?

好きな食べ物は……イギリス人ですし、両親が食べるものにとやかく言わない教育をしたので、食べ物にはあまり興味ないほうですね。私自身、食べものにはたいして興味がないほうなのかもしれません。

9.そのキャラの持つコンプレックスはありますか?(または忌まわしい過去)

イギリス貴族の両親はともに政治家で、ロイヤルファミリーとも血縁のある家系です。
厳格な父に反発し、妹にあとをまかせてディーンは故国から出奔。
独学で学んだ絵の技術を生かしてイラストレーターとして生計を立てつつ、ヴァーミリオン・サンズにたどりついて自由に生きられるようになる。

父に対してはコンプレックスを持っています。
優秀な妹にもコンプレックスを抱いています。

10.そのキャラの特技と必殺技は何ですか?

特技→人たらし
必殺技→合気道

11.そのキャラの寝相は良さそうですか?

愛する女性を抱いて眠れば、彼女が安らかな眠りを満喫できるように、自分の寝心地なんて二の次でいい。そんなときならばディーンは一晩中じっとしていますよ。普段も寝相はいいほうで、静かに眠っています。

12.そのキャラの好きな異性、または同性のタイプは?

小柄で黒髪で、気の強い自立した女性。
基本、美貌には心を動かされませんが、梢子はまあけっこう美人です。つまり、ショーコがディーンの好みのタイプどんぴしゃり。

13.そのキャラが持つ「恋愛」に対する理想はありますか?

人生で最大の娯楽でもあり、快楽でもあり、生きる意味でもある。恋愛なくて、なんのおのれが人生かな、思い切り恋愛至上主義です。

14.そのキャラが結婚するとしたら何歳くらいになりそうですか?

結婚はせず、どちらかの生命が尽きるまで「愛し合う」ことを貫く。そういう浪漫を追求したいです。

15.そのキャラの萌えポイントはどこ?または何?

意外にすっとぼけたところと、綺麗な顔をしてしゃらっと「僕は男だからね、女性にはわかんないんだよ」とほざくところ。

16.もし現実にそのキャラが現れたらお願いしたいことは何?

イギリス貴族の息子としての幼少時を、細かく詳しく語ってほしい。

17.出てきたオリキャラがあなたを見て思った第一印象は?

小説を書くひとなんだな。ま、そりゃ、ショーコのほうが一億倍も魅力的だな。

18.オリキャラがあなたに一言!

マダム、あなたは英語を話せますか? 話せない? だったら教えてあげなくちゃいけませんね。マダム、僕の言っていることがわかりますか?(と、英語で)

19.オリキャラにこれだけはして欲しくないことは何?

別にないです。ディーンらしく突拍子もないことをしてみてほしい。

20.オリキャラに一言!

最近はほとんどディーンたちを書いてないんだけど、また書きたいな。ネタをちょうだい。

21.最愛オリキャラを持つ人にバトンを回して下さい。

このバトンはいくつもいくつも書いて、キャラを見つめ直すいい機会になりました。
みなさまもぜひ、おためし下さいませ。
お読み下さってありがとうございました。

こちら↓
ヴァーミリオン・サンズです。



スポンサーサイト


  • 【91「ウィスキーロック」】へ
  • 【グラブダブドリブ・ボビー「Nothing in particular」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【91「ウィスキーロック」】へ
  • 【グラブダブドリブ・ボビー「Nothing in particular」】へ